スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サードアイが開きました

2013年06月12日 13:58

ウォーキン オン 挫折 スパイラル(walkin’ on the spiral)



日頃の運動不足を解消しようと私は思って立ち上がり、颯爽と夜の街へと駆け出し、あたりを包む漆黒と軽く戯れ、家に戻った暁にはすぽおつどりんくでも飲み干して、ふぅいい汗かいたぜと誰にでもなく呟く予定だった。
ところが運動が不足しているから解消しようと思い至った次第であり、そんな不足人間が夜の街を風のように駆け抜けることはドダイムリな話であった。つまるところ、私は体力勇気根性根気、その他諸々ジョガーとして必要なすべてを持っていなかったのである。
走り出したらすぐに息があがった。これはあかん、辛すぎる!そう思って後ろを振り返ると、そこはまだ我が家が見える位置だった。
あまりの情けなさに涙がちよちょぎれたが、まぁ歩けばいいさ、上を向いて歩けばいいんだよ。そんな優しい歌がリフレインして、スキヤキ食べたいなと思った。
急遽ジョギングからウォーキングにランクダウンしたわけだが、もともと私は歩くのが好きである。走るよりも好きである。負け惜しみじゃないんだから。
どのくらい好きかというとマラソン大会で完走ならぬ完歩するくらい好きだ。ミャンマーにいたころはバス代節約の為、大学までビーチサンダルのようなもので2時間かけて歩いていたくらいのハードウォーカーである。ちなみに当時バス代は5円、到着のご褒美に飲んでいたコーラは10円だったのでなんの節約か、本末転倒。さらに片道2時間なので授業に出ている暇などなく、たんに往復する毎日であった。これも本末転倒であったが、二回本末転倒すれば元に戻る気がするのは私だけではないと信じたい。

ともかくウォーカー様の私は歩いた。歩けども歩けども終わりは見えず、意外にストイックである。ウォーキングとはこんなにも退屈なものだったか。まず近所を歩いているので面白みがない。夜なので面白みがない。スポーツ感に全く溢れておらずとにかく面白みがない。むぅ、これわ。。。

その日は一時間ほど歩いた。6キロ強の距離を飽き飽きしながらも歩き、そして筋肉痛になった。繰り返そう、ウォーキングで筋肉痛だ。
飽きと筋肉痛で常人であれば挫折してしかるべきところだが、私は次の日も6キロ強歩いた。そしてもちろんその次の日に挫折した。

だがしかしここで再び立ち上がるからこそ私が“フェニックスさん”と敬称付きの腫れ物扱いっぽく呼ばれる所以であり、4日目に再度ウォーキングにでた。んだけど、途中で雨が降ってきたので走って帰った。火の鳥は雨で鎮火したのです。

小学生の頃、雨の日だと中止になる授業があって、常々私は思っていた。
『どうせ濡れるのになんでやらないんだろう?』
そうそれは他でもない水泳の授業である。

泳げはいいんだ!!

私の額の第三の目がパッカと開眼した瞬間であった。フェニックスさんは炎の中から蘇り、天津飯さんになった。

大いなる意思により私はやってきた

2013年05月11日 15:26

約束の地へ、そこがお前の果たすべき神との契約



目を覚ますと車の中にいた。Tシャツとトランクス、そして素足にサンダルを履いて運転席の座席を倒して寝ていた。
おかしい、まったく記憶がない。昨夜帰宅した私は間違いなくベッドで眠っており、ジャージのようなものを履いていたはずだ。
若干のアルコールは入っていたが電車の中で眠っており、駅からの帰り道は矍鑠とした老兵の如き足取りで帰ってきたはずだ。
なのに起きたらなぜ車の中?
暗闇の中、目を凝らすとここは家のガレージだ。もしや寝ぼけて車を運転したのかとキーのありかを探るが、鍵はささっていなかった。
不思議いっぱい胸にたたえ、車からでて家に入り、階段をのぼるとジャージが脱ぎ捨てられており、トイレの電気がついていた。
ここから想像するに、アルコールの入った私は夜中トイレに行ってその帰りにジャージを脱ぎ捨てベッドに戻らず階段を降りてガレージの車に入って座席を倒して再び眠ったようだ。

なにしてんだ?

今までも二階の自分の部屋で寝たのに起きたら一階リビングで寝ていた事は数しれないが、ガレージの車の中で起きたのは初めてだ。何かが進行している気がする。スボンは履いてないがガレージに出るにあたって足が汚れないようにちゃんとサンダルを履いているあたりも小憎い。

起きたら一階だった。そんな話をすると皆一様に「夢遊病じゃないのー」なんてふざけて言ってきたが、ねぼけてるだけ、で済ませてきた。はたして今回も寝ぼけているで済ませられるだろうか。

車に乗っているという点で私は大いなる意思を感じざるをえない。私はとあることを成し遂げんためにこの世に生まれたのにも関わらずいつまでたってものらりくらりと約束を果たさないし、行う様子もない。ゆえに神はお怒りである。眠っている私の身体を操りその約束の地へと向かわさんとしているのである。

むぅ、そうか!ついに来たのかその時が!人生の役割演じるため、これをせんがために生まれてきた!ジャンヌダルクのような使命感。そこですね、そこに向かえばいいんですね。
全知全能の絶対者は荘厳なる声で私に語りかける。

向かえ、そこにたどり着かば全てがわかる。

でも神様、そこに向かうに私の格好は相応しいですか?Tシャツトランクス、素足にサンダルというなんだか恥ずかしいカッコで大それたことを成し遂げられるでしょうか??
えっ?あぁ、はい。いいから向かえ、ですか。行けば全てがわかるんですね?わかりました、行きます行きます、行けばいいんでしょ!


んで、総合病院の何科にいけばよろしいんでしょう?

紅富貴という名前がよろしい

2013年03月13日 06:30

噴火



毎年申しあげてる事ですが、私は大変な花粉症だ。一に杉、二に杉、もうずっとその後は杉で杉が嫌いで杉じゃ飯は一杯も食えん。この時期、名前に杉が入ってる奴なんか大嫌いだ。おもしろきことなき世はやっぱりおもしろくないと思うよ、高杉さん。

そんな私が今一番注目しているのは、紅富貴茶。なんでもメチル化カテキンなるものが抗ヒスタミン効果があって花粉症に効くとか。こりゃ飲むしかない!ってんでさっそく購入して昨日から飲んでいる。昨日から飲んでいて昨日からいつ効くかいつ効くか、そりゃもうワクワクしてるんだが、鼻は詰まっているし目は痒い。どうにもまだその効果は現れていないようだ。明日には効くかなぁ、明後日はどうだろう?明々後日にはさすがに効いてるだろう。おい、ほんとに効くのかお前。
冷静になって考えると、ヨーグルトがいいとか、この紅富貴がいいとか言われるけど、薬飲んでんだよね。薬より効く食べ物ってないでしょ。つまり薬効かないヘヴィー花粉症はどうあっても助からないんだよ。あぁ無情。

鼻づまりがひどくて勢いよく鼻かんだらティッシュが破けて、破けた隙間から鼻血がピュッと飛び出すという珍しい現象が観測された。キミに見せたかったなぁ、この光景。

それはまた別の話だ

2013年02月01日 09:22

ミミックリー



いっとき前、体罰で自殺した高校生の話題が世間を賑わした。私なんぞは無責任な上に無関係なので、いやなら辞めればよかったのになぁ、、、と対岸どころか太平洋むこっかわの火事のような出来事だ。しかし我が家の父上様はこういった社会問題にはだいぶ喰いつく。
そもそも父上様は思い込みのたいそう激しいお方な上、自己流というか自己解決というか、とにかくこうだ!と思ったら選択的思考に陥り、自分にとって都合のいい考えしか受け入れないひとことでいうとあまり関わりあいになりたくないタイプの人間であり、いやちょっと待て、そいつ俺の親父じゃねぇか。
とにかく右翼か左翼かリベラルか。はたまた学生闘争の闘士か革命の志士か。最前線の過激派である。
ある日父上様は近づいて来て私にこう言った。

『りゅぢ、俺はマスコミに投書してやろうと思う』

え、なんで???唐突すぎて話がみえないでいると、なんというか自慢げというかとにかく率直にいうと悦に入ったムカつく顔してこう言った。

『世間じゃ体罰した教師が悪いとばかり言ってるが、そうじゃないんだ。これは周りの大人全員の責任なんだ!』

こ、これは、、、長いぞ!この話は長くなるぞ!!
私の脳内ランプはサイレンとともに猛烈な勢いで点滅した。以前寝る前に話しかけてるのかボヤきなのか微妙な言葉にうっかり反応してしまったが為に3時間以上聞くに耐えない剣道の自慢話および偏った過激論に付き合わされ、こちらの意見は何を言っても反映されない全て却下な憂き目にあった。もしその時私の横をタイミング良く忍者が通り過ぎたら様々なレパートリーのなかでも迷わず変わり身の術を習っていただろう。カメレオンでも構わない。
ど、どうすれば?どうすればこの話を終わらせれる?必死で考えうわの空の私に御構い無しで父上様はマシンガンのようにトークしてくる。あーちょっと今考えてんだよね、黙っててくんねぇかな。
その時、パッと思い浮かんだのは先日友人が貸してくれたエヴァンゲリオンの漫画だ。そうだ、シンジくんっ!!


『送れば、送れば良いと思うよ』

父は黙った。どうして送る必要があるのかをたっぷり聞かせるつもりだったのに、あっさり送れば?と言われたので主張する必要が消えたのだ。ゆえに父上様は口ごもる。
い、いや、俺、文章とか得意じゃないし、、、
ここにきての逃げ腰。じゃぁなんで投書とかいいだした?お前、中途半端な覚悟で投書とか口にするなよな!

書けば、書けば良いと思うよ。

そのひとことでその日から父上様は机に向かって何かを書き始めた。書いては消して消しては書く。推敲に推敲を重ねて、机の上は常に消しゴムのカスだらけだ。実に熱心な本気っぷりが余すとこなく存分に伝わったかとおもうがしかし、この状態が1ヶ月くらい続いてる。もう遅いだろ、、その投書。いつまでやってんだよ。

私は知っていた。父上様は実行力のない方だ。口先では大きなコトをおっしゃるが、誰かがそれをお膳立てしないと自分では何もできない人だ。親戚に送ると言ってダンボールに詰めた作務衣が部屋の隅に一年以上置いてある。言及すると送ってきてくれと言われそうなのでみんな見えてない振りをしてる。私としては何故作務衣?と気になって仕方ないのだか、数ある衣類の中からなぜ作務衣チョイスした?こんなん聞いたらまた長々と剣道の自慢話を聞かされ、いや聞きたいのは剣道ではなく作務衣なんだがおそらく却下され最終的に宅急便頼むとか言われるのは目に見えているので湧き上がる好奇心で浮き立つ心を石にして聞かない。

最近の父上様は今では私が影で『ライフワーク』と揶揄して馬鹿にしている体罰に関する投書の情報収集に余念がない。チャンネルをまわしては体罰の報道を観ている。
自身が中学で剣道を教えてて、一端の教育者きどりなのでなおタチが悪い。私も一指導員として経験しているから分かります、と、なんか上から目線な感じでコメンテーターや有識者たちをひたすらディスる。
そして父上様はTVを観ながら私にこう言った。

『りゅぢ、最近じゃぁさ、ニュースじゃ体罰だなんだ、こんなんばっかりやってんな!体罰なんてのはさ、その教師ひとりの責任じゃないんだ!周りの大人は分かってたはずだろ?勝つことに浮かれてみんながそういう体罰を許す空気を作っちまったんだ!!』

そう熱っぽく語る父上様の目線の先のテレビジョンに映っていたのは、坊主姿の峯岸みなみだった。


と、父さん!これは違うよ!これは体罰のニュースのじゃなくてAKBだよ!!

えっ?あ!そうか、、AKB、か。。

山よりも海よりも

2013年01月18日 07:15

河派

メコン河

よくありがちだが、『山派?海派?』な会話のうえで私は断然河派である。寄せては返る波間でたゆたふ母なる海もよいでしょう。雄大な自然に包まれる山ももちろんよいでしょう。しかし断然、河がよろしい。それも大河、大河がたいへんよろしい。

写真はメコン河で恐らくラオスのサヴァンナケート。

規模的に見れば、『海のバカヤロー』と叫ぶ人はいるかもしれないが河に罵詈雑言を浴びせるバカヤローはいないことから明らかに海には勝てないでしょう。達成感という観点から覗けば、高い山を登って頂上から見下ろす、『人がゴミのようだ・・・』感とは比較にもならないでしょう。ではなぜ私は河をこんなにも愛するのだろうか?河はいつだって一方通行(ポロロッカ除く)。これぞ荘子が言うとこの大きな道であり、まさしく河の流れは人生そのものである。だから私は河が好きなのであ、、、あるわけがない関係ない。

単に私は船酔い体質なのである。海なんぞ乗ってすぐ酔うわ。

海は退屈である。確かに広いな大きいな、みつおがごとく素直に感動できるだろうが広すぎてなんだか動きに乏しい。そして今日び海のそばはなんだか波にさらわれそうで怖いじゃないか。得体のしれない漂流物もなんだか不気味だ。
一方、山に至っては『そこにあるから』という理由だけで登っていくヤツの気が知れない。大丈夫か?しっかりしろ。どこまでも登っていくのであれば麓からエールを送ることやぶさかでないが、登ったら降りなくてはならない。なぜ登ったのに降りるのか?この不毛さが私の足を登山に駆り立てない。

そこで我らが河である。

河はいろんな人が行き来をして楽しい。小船が漂ったりもするし、漂流物もなかなかオツな代物が多い。かつて手足を縛られた死体が流れてきたが、あれはなんだったのだろう?悪夢としか思えない地獄絵図である。もうこれ以上一歩たりとも上流に向かいたくない。楽しい思い出をすべてなかったことにするくらいパンチの効いたこの悪夢以外はみな楽しい思い出だ。

写真のサヴァンナケートからさらに南に行きカンボジアに近くなると、メコン河の川幅が10kmにもなるとか。また河の中の島が4000もあるらしい。シーパンドンってとこなんだけど、ここ行ってみたいなぁ。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。