スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツチノコみかけました。

2005年10月28日 03:14

今日、ふと口走った言い訳

“マーフィーだよ、マーフィー。”

マーフィーの法則の事を言ったんだけど、知らないのね、君。
で、説明してあげたわけよ。

“失敗する可能性があるものは、失敗する。”

あぁ、こんなん言っても分かりづらい。例えを挙げた方が分かりやすい法則です。

・予習してない日に限って、授業中さされる。
・全部やってあると、出席番号1個前の人で終わり。
・途中までやってあるとやってないところが当たる。
・トーストのバターを塗った面が下を向いて落ちる確率は、カーペットの値段に比例する。
・超優秀な人物は、無能な人物より不快である
・暗い細道で、知らない人と2人っきりになる場面、たいてい男と女。
・↑それは前を歩いてるのが女、後ろを歩くのが男。
・逃げるように走り出した女性は、ほぼかわいくない。
・99%の確率で成功する場合、残りの1%の確率はやけに高い
・自分がうまくいってる時、他人はもっとうまくいっている。
・言い訳をすると怒られる。言い訳をしないと怒られる。
・先に行っても誰もついてこない。
・みんなが見ている前では奇跡は起こらない。
・普段出席を取らない教授の授業を休むと、その時に限って出席を取っている。
・「一限目は休講」。ただしそれを知るのは当日の朝である。
・最終回を見逃した番組は再放送でも最終回を見逃す。

って、いろいろ例を挙げていると、目の前の人がマーフィーそのものだと気づきました。
あぁ、なんだ、、こんなところにいたのか、マーフィー。
お前、不器用だもんな・・。がんばれ、マーフィー。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。