スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋風一夜百千年

2008年12月07日 09:00

お勧めされてたタイヨウのうたを観たら、もう止まったけど涙が止まりません。

ストーリーは『丘の上のサナトリウム』的な感じなんで、泣くに決まってんじゃないか。

最近YUIが好きなんで、PVだと揶揄されるこの映画だけど普通に堪能。


『来たら殺す』

『ひどい』

『なーんつって』


非常に心得てるツボなワード、シチュエーションがなんつーかなぁ、わたくし、激萌えまして。

そらもう『夜だけ会おうよ』とか誰かに言うかもしれません。っていうかきっと言う。絶対言う。

ヤラシイ意味じゃないからね。



『秋風一夜百千年(秋風の中あなたと過ごす一夜は百年にも千年にも値する)』っていう素敵な言葉があって、それを思い出したのだ。

キミといる時間は楽しくて一瞬で終わっちゃうような刹那なんだけど、その価値は百年にも千年にも値するんだなぁ。


最後のもう台詞がなくなってエピローグ的な感じのシーン、ラジオからYUIの歌が流れたであろう場面が一番泣けた。というか、後半ほとんど泣いてた。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。