スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマラプラ その1

2005年05月30日 17:06

u-beinkanki.jpg


マンダレーから40分ほどのトコにあるアマラプラ。
写真はウー・ベイン橋という200年前の全長約1.8キロの木造の橋。
“ウー”は敬称、“ベイン”は名前、ベインさんという人が作った橋だ。
この橋は雨季と乾季で表情を全く変える。
乾季には水がほぼなくなるが、雨季はあふれんばかりの水量をたたえる。
その証拠に、橋を支える柱はかなりの高さのところで色を変える。
僕は、何度も行ったことがあるだけど、乾季にしか行ったことがない為、

“え?こんなとこまで水があったの!?”

と、ただただ驚くばかり。
200年も前の橋だけに、かなりボロい。
歩くと“ギシギシ”“ミシッ!”と音が鳴る。
腐った木の隙間から、下の地面が見えている。
死にはしない高さだけど、落ちたら相当痛そうだ。
なるべく釘が刺してあるところ、つまり木が2重になっているところを選んで、そろり・・そろり・・と歩く。
そんな小心者の心配をよそに、ミャンマー人たちは自転車に乗りながら、平然とかっ飛ばしていく。

・・・おいおい、壊れんだろー、、、降りろよ。

と、思っていると、次にやって来た奴はバイクに乗っていた。

“バカヤロー、まぢ壊れんぞ!?橋の入り口に自転車から降りろ!って標識あっただろが!?自転車がダメなら、バイクもダメだ~!!”
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。