スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国政府?の素敵な偉業

2005年04月06日 16:50

チベットは中国に侵略された。
なんて、大きな声で言えないし言う気もないです。
ただね、チベット文化ってやつが
けっこう素敵なわけですよ。
服装だったり、素朴さだったり・・・

それが、中国が入ってきたせいで

台無し

になってる面がみられる。
いや、中国をバカにしてるわけじゃないよ。
自慢だが、こんな中国好きは世界中探しても
めったにいないんじゃないかってくらい
中国史には詳しいぜ。

とにかく、論より証拠
台無しにされたチベットってやつをみてくれ
    ↓↓↓

題 「射る人、射られる人」
umiya.jpg



なぜ街中にこんなもんがあるのか?
射られて吹っ飛んでいるようで、ギャグにしか思えない。
コンセプトが全く見えないすばらしい作品


題 「チャリダー」
4a1e227a0eb6010069929953.jpg


どう見ても外国人顔である。なぜチャリにのっているのか?
そして、Tシャツに“中国”の文字。
よく見ると、腕時計はカシオのGショック。
この傍にある銅像は携帯電話を持っていたが、
そもそもこの町(シガツェ)には、電波は届いているのか?
全くもって謎な前衛的な作品。


題 「高原の宝」
kougennotakara.jpg



ヤクだ。台座には“高原之宝”の文字。
確かにそうだ。おっしゃるとおり。
しかし、ラサの真ん中になぜこんなもんを置くのか?
どうどうとしていて威厳漂い涙をさそう作品。

以上、すべて人を笑わせることを目的に作ったとしか
思えない、すばらしい作品の数々でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。