スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違いは誰にでも・・ その3

2005年04月13日 11:00

なんで?どうしてネットカフェがピアノ屋になるの??ねぇねぇ俺がしたいのはネットなんだけど・・・と驚いている俺をみて不思議そうに彼はこれだろ?とキーボードを打つふりをした。


そりゃ、ケンバンだぁ~~!!


う~ん、、異文化コミュニケーションはむずかしいねぇ。。。
現在は都市部のちょっと裕福な人は、ネットを楽しんでいるようだ。
友達になった子がメルアドを教えてくれてびっくりなんてことも当たり前になってきた。
ネットカフェに行くとミャンマー人が大勢いて、タイと同じようにネットゲームをやっている光景が見られる。

そんな光景にすこしのさびさを覚えながら、メールを打っている俺だが、隣に座った女の子2人がログインするやいなやソリティアを始め、そのまま1時間やり続け帰っていったのを見た時、少しの安堵感を覚えたのでした。
ちなみによく行っていたネットカフェはダゴンセンターというシュエダゴンパゴダを少しすぎたところにあるショッピングモールのなか。

夜のシュエダゴンパゴダは幻想的
syuedagon.jpg


ダウンタウンから歩いたら1時間くらい、タクシーだと800チャット(1ドル弱)程度。
日本語が打てたが、最後まで料金体制はよく分からなかった。
同じ時間やっても1200チャットだったり、600チャットだったり・・・
スタッフのおねーさんは日本語で挨拶が出来るが、ありがとうと言われたのは最初の一回目だけで、あとはシェシェやカムサハムニダと何度違うよって直しても、次の時にはシェシェ、カムサハムニダ。
最後の方はあきらめてこっちからシェシェと言うようにしていた。

ちなみにネット、YAHOOとHOTMAILは2004年夏の時点では、サインインできませんでしたので注意。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。