スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーキングにて思う

2010年10月02日 15:45

頻繁



頻尿であろうか?
珈琲なんぞ飲むと、トイレから帰って来るや否やトイレに帰りたくなる。
というか、珈琲という単語を聞いただけでも、そりゃもう私の股間はそわそわしだす。
それはあれだ、あれに似る。
血の臭いを嗅ぐと急に野生を思い出し凶暴化して襲ってくる動物園のライオンとか、『う~~~っ』って溜められたらついつい『マンボっ!!』って叫んじゃうような、条件反射的な。

まぁあまりキレイな話ではないが、我慢して我慢して我慢した時なんて通常の3~5倍くらいの量がでるわけじゃない?
そのくせすぐにまたトイレ行きたくなっておしっこすると、さっき出したばかりなのに通常の2倍くらいの量がでるわけよ。
一体この水量はどこから?身体の中に貯蔵していたとは思えない量だ。
きっと膀胱の先に四次元空間的なものがあって、そこの回路がうにゃむにゃしてて海へと続いているのだろう。
そうか、そうなのか。
それならばこの頻尿かつ多尿、あぁナルホドと納得できるってものである。
『そーかソーカ、海とつながっているのなら、そりゃこんだけでるよな』と。

その海はとても広大なかつ美しい海である。
魚の大群、色とりどりの熱帯魚、美しいサンゴ礁、そしてイカやタコなどの軟体動物や、大きな海老や蟹。
見たことないような形をして優雅に泳ぐ魚もいるだろう。
獰猛に他を喰らうサメもいれば、サンゴ礁に遊ぶ小さな魚もいる。
それが私の膀胱の先にある海である。
溢れ出る生命力を感じさせる豊富な水量、ここから四次元的なうにゃむにゃを通り私の膀胱へとつながっていると思うと、涙がでるほど感慨深い。
そういえば時折おしっこに魚が混じっていることがあったようななかったような。
そういえば時折おしっこに海老が混じっていることがあったようななかったような。


さて先日。
3~5倍という量を海から排出したにも拘らず、トイレから戻ってくると再度行きたくなった。
そしてもう一度トイレに行くと、普段であれば2倍くらいはでそうなものの、それはおしっこと呼ぶにはあまりにごくごく少量の『マーキングです』というレヴェルの量しかおしっこでなかった。


どうした、海!?

今破壊されつつある地球環境。進む海底開発による弊害。
豊かであった水量も徐々にかれ始めているのであろうか。
あの美しかった魚たち、サンゴたちは死滅し、2度と見ることはできなくなってしまうのか?

地球を大切に。


そうりゅぢ氏は思ったという。
最近、別にテンション高くないのに『テンション高いですね』と何故か言われるコトが多くなったりゅぢ氏はそう思ったという。
『あれ?風邪を引いて、なんかよくない菌が脳にまでまわったんじゃない?』と思われているその可能性を否定できないりゅぢ氏はそう思ったという。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。