スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北道中無駄栗毛

2010年09月21日 13:21

ゆべし





見よ諸君、これがゆべしだ。
美しい、まるでそうこれは飛翔である。
鶴が羽を広げ今まさにとびたたんとす。その光景がありありと浮かぶようだ。
・・・んなわけあるかい。

変な色、変な形だがもちもちとしてておいしい。
中にはアンコ・・・餡子が入っている。
これが厚いもちもちの皮との相性抜群、一度食べたら病み付きである。

ヤーミートゥーキィー!!

そう外人も言っていた。


先日は大内宿に朝方着き、夜か白んだ頃に無人の通りで写真を撮った。
それでも早すぎる到着の為、店は開かれておらずしばし車の中で仮眠する事にした。
だが仮眠して待つくらいなら違うトコ行って帰りに戻ってくればいいと思い、ゆべしを求めて会津若松に向かった。
そこでは白虎隊で有名な鶴ヶ城があり、たしかにあったけど改修中で何も見えなかった。
とはいえ大した興味もなく、銀のシャチホコがうん10年ぶりに公開と書いてあったが、金でなしに銀というインパクトの弱さに結局見ずにその場を離れた。
城は外観が命、内装なぞどうでもいい。それが持論である。

そして東山温泉に行った。
昼頃だったせいかほぼ貸切状態にあり、もちろん泳いだ。
比較的なんとなく海老になりたいりゅぢ氏は、海底をとことこと歩き、敵と遭遇して後ろにザザッと逃げる海老の真似を飽きる事無く何度となく一人でやっていたが、よくよく考えてみると海底を歩く海老なんて見たことがなく、自分の持っているイメージがたんに教室の一番後ろにある臭い水槽の中のザリガニであったことに気づき一気に醒める。
ここで重要なのは『ほぼ』貸切だったということである。

そして、ゆべしを探した。
これがない。
途中のサービスエリアでも見かけなかったし、観光地のコンビニならありそうなものだがない。
温泉に入ったホテルの土産物屋にも形の違う普通のゆべししか置いてなかった。
そういえば、私が好きなあのテトラポット型を買ってきてくれるのは郡山(こおりやま)の人だ。
郡山の名産なのか?郡山まで行かないと、よもやないのか!?

そしてりゅぢ氏は地図を調べた。
会津若松よりもやや北、ナビで調べると40キロくらいだった。
行けない距離ではないが、メンドクサイ。
なんせ再度寄ろうと思っている大内宿からさらに離れなくてはならぬ。
トータルすると70~80キロの距離になるだろう。
う~む、、、

だが私は無駄な事に時間を費やす人間だ。
ゆべしを買いにくるという、それ自体が無駄な事に今さら無駄がひとつふたつ付いたところで、結局無駄であろう。
行こうじゃないか!郡山。

そう心に決めた。しかし冷静に閉まるのが早そうな大内宿に先に戻る事にした。
『じゃらん』を見て惚れた『鶏セイロ』を食べてから郡山に向かおう。
だがその前にもしかしたら会津若松駅まで行けば、駅の土産物屋にテトラポット型ゆべしがあるかも、、、と思って駅に向かった。そしたらあった。あっさり。

うひょー冴えてんじゃん、駅の土産物屋にあるかもと思ったコト、すげぇ冴えてんじゃん!
郡山まで行くの正直メンドくさかったんだよね~、行かないで済むならそれに越したことはない。
いやいやよかったよ~ココで買えて。よかったよかった!
よしっ、じゃぁ大内宿に戻って鶏セイロをたべよーーー!!



大内宿にも売っていた。テトラポット型ゆべしが大内宿に売っていた。


あべしっ!(借用)
スポンサーサイト


コメント

  1. ぽんはすでに死んでいる | URL | -

    あ 借用されました、ぽんつく こと ワタナベです


    鶏セイロの鶏だけいただきたい


    つまみにしたい


    りゅぢ氏のブログをつまみに飲む なう。

  2. りゅぢ | URL | -

    >立つんだ、立つんだぽーん

    わ、ワタナベさんだったのですか!?

    ワタナベぽんつく

    ご、語呂がいぃ・・・
    少しずつ明かされる全貌。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。