スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ありゃ雲あるさ

2010年09月18日 13:51

映画を一緒に選びたい



思うにカップルでTSUTAYAに行くというのはなかなかの理想的シチュエーションではなかろうか?
あ、これ観ようよ、えー俺それ観たし、うそ、いつ?なんで一人で観ちゃうの!って、ほんと死んでほしい。
目の前に押してはいけないボタンがあったら、迷わずめり込むほど力強く押し込んでしまうほどの茶番だ。

ところで先日、カップル女が『おっぱいバレー』を連呼していた。
カップル男はそれを借りるのがタイトルのせいか恥ずかしかったらしく、そそくさと逃げる。

『いいじゃん、借りたいんでしょ、おっぱいバレー。借りればいいじゃん、おっぱいバレー。なに恥ずかしがってんの?おっぱいバレーがいいって言ってたじゃん?』

と、詰め寄る。
「あぁ、ぅん。借りたくねぇって。いいって、言ってねぇって」と煮え切らない。
『何恥かしがってんの?おっぱいバレー観たいって言ってたじゃん。今さら恥かしがっておっぱいバレー借りないなんて男らしくないよ』

うるせぇ、お前のおっぱいアタックしてやろうか?って。レシーブしてトスしてアタックしてやろうか?ってさ。
男らしくバシっと叩き込んでウッシャーと叫んでガッツポーズ決めてやろうかって。
そう思ったんです。

ところがですね、、

よっくみるとそこに『押してはいけないボタン』がついてたんですよ、それも2コ。
で、えぇ私悩んだんです。そうです、ハイ。
押すか、押さないか?いえいえ、どっちを押すかです。
それで迷った末に両方同時に押すことにしました。『えいっ』って。
そうしたらですね、突如地を割るような音が鳴り出して、眼の前のおっぱいがこちらに向かって飛んでくるではないですか?
えぇもう私怖くなって逃げました。一目散に逃げ出したんです。

えっ?またボタンがあったら押すかって?
とんでもない、もう金輪際うんざりです。おっぱいに追いかけられるのは。
はぁ、あれが噂に聞く、ロケットおっぱいというやつだったんですね。。。


そこまでR氏は話すと震える手でお茶を飲んだ。
あまりに震える為に湯のみから茶がこぼれる。
そして彼は言った。

『何が怖いって、おっぱい怖い。饅頭とおっぱい怖い、お茶はある』


待ってます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。