スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニフェスト

2010年08月11日 23:25

市外局番



なめ茸氏がタバコに火をつけた。
ちらりと横目に入ったそのライターには『めんかふぇばー』的な文字が書かれていた。
麺かふぇ?と思いきやその後に『じゅん』と書かれていた。


…おかまバー?

こいつ、おかまバーにいったのか!?
恐れおののきつつも尋ねると、『拾った』とおっしゃる。

『だってこれ、電話番号が052から始まってんじゃん。どこだよ』

たしかに。ちょっとここいらではない、遠いところな感じがする。
そんな場所のおかまバーに、まさかなめ茸氏がわざわざ行くとは思えない。よっぽどお気に入りの場合除く。


『052ってどこだろう?東京は03、埼玉は04だし、、、』



『072は………おーなーにぃ』


驚き戸惑いなめ茸氏を見上げると、そこには曇り一点もない笑顔があった。
言ってやったぞ!俺は言ったんだぞ!とでも言いたげな誇らしげな笑顔がっ、、って中学生かよっ。


例えば、物心付いたときに自分の家の電話番号が、072ー184ー1919(オナニィイヤヨイクイク)だと知ったら何かにつけても引っ越したくてたまらない。
全国各地からのイタズラ電話もひっきりなしだ。


仮に私、りゅぢ氏が市長だったら断固反対するであろう市外局番。
数時間に及ぶ市外局番振り分け会議、各地の市長は長引く話し合いでうんざり模様。

『でわ、これで市外局番の振り分けは終わりです。何か意見のある人はいますか?』

と、議長は一同を見回す。
もういいよ、早く帰ろう。そこにいる誰もがそう思い、異議を牽制する空気が流れていたとしても、私、りゅぢ氏市長は手を挙げて言うだろう。



『すみません、うちの局番、オナニィなんですけど…』

とてもそんな事言える雰囲気でないのはわかってる。
だが言わざるをえない、言わなくてはならない!我が街の市外局番、オナニィだぞ!変えてくれ!と。


『九州じゃ072だったなー』

なめ茸氏は言った。
九州のどこぞの皆さん、お悔やみ申し上げます。
それは市長の怠惰の結果。
ぜひとも次の選挙では私、りゅぢ氏に一票を。
私のマニフェストは、『市外局番をオナニィじゃなくする』です。
精一杯がんばります。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。