スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三島大社

2010年06月28日 19:13

突如思い立って三島大社にやってきた。





『一人』という字にはあまり感じるものがないが、『独り』になると途端に哀愁を感じるのは何故だろう?
ま、そんなことボクには関係ない、ないんだってば、寂しくなんてないんだからっ!


かの有名な三島大社だが、数時間の孤独に耐え車を運転してきたわりには来なくてもよかったんじゃね?ってくらいにそれほどたいした、、、とても素敵なところでした。
ちょうど結婚式が行われて、和服姿の花嫁さんがキレイに着飾っていた。
花嫁泥棒と世間を騒がせたのも昔の話、いまは真人間としてまっとうな人生を送っているはずのりゅぢ氏だったが血をたぎらせた。
が、花嫁の隣には薄い羽織りをはおったみ、み、み、み、みぃ~~巫女さんがぁぁぁーー!!!


巫女さん


巫女さんには特に興味はない。ただ、学術的に巫女服に興味があるだけだ。
あの魅惑の衣装に興味あるっていうか研究対象?それそれ。
あの魅惑の袴に魅惑の白い上着、さらにその上に魅惑のシースルーの軽やかなものを魅惑的に羽織ってると、ボクの学術的探求心は燃え上がる。
これはまぁ他人の話であるが、神聖なるものを汚すとこに燃える。堕天使に萌える。彼の場合は。

性的な話ではありません。あしからず。
しかし三島大社。完璧な巫女服であった。


来てよかった。。
スポンサーサイト


コメント

  1. りょうじ | URL | -

    Re: 三島大社

    おお。。。
    大晦日→元旦しか行った事ない。。
    最近神社めぐりしてるのね。
    京都の苔寺行く時は連れてってちょ。

  2. りょうじ | URL | -

    Re: 三島大社

    神社と寺がごっちゃになった。
    まあその辺。

  3. りゅぢ | URL | -

    >りょうじ

    まぁ似たようなもんだ。
    不動尊とか入ってくると、もう寺か神社かわかんねぇし。

    苔寺ね、うちの近所にも名前は違うけど、苔に覆われた寺はありそうだ。
    まぁそこらへんでいいかな?苔寺というか、苔に覆われた寺。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。