スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿嶋と海と私とクラゲと海老とその他

2010年06月02日 14:19

鹿島神宮;(写真多し、パソコンで見ることをオススメする)



そいやもう2週間くらい前の話だが、行ってきた。
地震の起きるメカニズムは地盤プレートのズレとか言われてきたが、それがたんなる迷信でじつは地下にいる大ナマズが動くことによるものと認知されて久しい。
その大ナマズの頭を踏みつけて動けないようにしているのが鹿島神宮だ。
たいへんアリガタイことである。

茨城県は鹿嶋にある鹿島神宮は海にも近く森に囲まれた自然溢れる所であった。
大きな石碑が私を迎える。

20100602135022.jpg


高い木々の中歩いていくと大きな門がある。

IMG_0051.jpg

IMG_0052.jpg


それを通り過ぎるといきなし本尊。普通参道を歩いてたどり着いた先に本尊というパターンが多い気がするが、ここではいきなし本尊。しかも正面でなしに右側。

IMG_0058.jpg

そこからさらに森に入っていく。
奥には眷属の鹿、ナマズを押さえつけてるといわれる石、さらに池があった。

IMG_0075.jpg
餌待ちな姿勢が憎たらしい。

IMG_0078.jpg
何かがあったが、なんだったか・・・。これはなんだったか?

IMG_0083.jpg
水かさがどうのこうのという不思議があるらしいが、それはなんだったか・・・。



IMG_0098.jpg


そうして私は海に出た。
人は海にでると自分のちっぽけさを感じ入るといわれるが、私は微塵も感じなかった。
また、人は水面に移る月をみて、それを手にしようとし水におぼれると言われるが、私はそんなコトはしなかった。
ただ波止場の石に片足かけ、遠く汽笛の音に耳を傾けながら『裕次郎』と呟いた。

なぜ私は海に戻って来たのか?考えた。
およそ気の遠くなるほど前。まだ人が人の形すら保っていない時分、海で暮らしていたのだろう。
全ての生命は海から生まれる。
DNAレベルの記憶が呼び起こされ、海に戻って来た。

このまま海に帰ろう

そう思いを決めて、私は片足を海につけた。
すると恐ろしい程の冷たさだった。
風が強かった。
つまり恐ろしい程寒かった。

ムリ。
海になんて今さら帰れない。


砂浜にはクラゲの死体が打ち上げられていた。
せめてと思い、クラゲをおもっきし海に投げ込んだ。
お前が帰りやがれ。ちゃーーーーぃ!


冗談で海につけた片足が、思いのほか寒かったのでりゅぢ氏はプリプリ怒っていた。
冷たいし、冷たいし!っていうか海冷たいしっ!
ぷりぷりぷりぷり、海老か!海老なのかっ!!
ぷりっぷりの海老。

海老に~海老に~なり~たい~

風の強い中、ブームの風になりたいを海老になりたいにして口ずさんだ。
ちょっとオモシロくなった。
一体、私は海老になってどうするのだろう?
鯛を釣るか?
いや、とりあえず海老になってから考えればいいことだろう。なんねぇし。海老になんねぇし。ペンギンになるんだ、俺は。


思考回路がワンダーランドを形成しつつあるこの頃になると、もはや鹿島神宮なぞ足の裏よりもどうでもよくなってきて、『あれ?今日なんでこんなトコロまで来たんでしたっけ?』な状態へと落ち着いていた事はいうまでもない。
後日、鹿島神宮と香取神社がセットであることを知る。
大ナマズを抑えてるのは先ほど述べたが、鹿島は頭、香取は尻尾を押さえてるらしい。
そして香取神社は鹿嶋神宮への道すがらにあった。

寄れたじゃん。海なんか行かなきゃ寄れたじゃん。


行かなきゃいかん気がするが、どうにもこうにもわりと遠いし、消化試合なやる気のなさ。
誰か行かないか?
そう誘ってはいるものの、鹿島神宮は俺、もう行ったし一人で行ってくれよな。行くのは香取だけだ。
スポンサーサイト


コメント

  1. ぽんちおさむ | URL | -

    ちょっと!
    いい加減にして!


    1人でドトールでニヤニヤしてしまったやない! おかげで完全に不審者ですよ!


    ぷりぷり!

    海老になりーたいー

    あぁ またニヤニヤしてしまったやない!
    バカ!

  2. りゅぢ | URL | -

    >おさむさん

    みんな海老になりたいんだなぁ。

    あなたと~海老になり~たいー


    もう全然意味が分からない。
    どうしよう。。なる?

  3. おさむ | URL | -

    海老シュウマイじゃダメ?

  4. りゅぢ | URL | -

    >ぽさむ

    俺は海老だっ。お前がシウマイになれ。ふたりで海老シウマイになろう!
    そして漫才、とっぷを目指す。

    どーもぉ、海老です。シウマイでーす。ふたり揃って、海老シウマイでーす!

    よし、がんばろうぜ、相棒。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。