スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りゅぢ氏、頭からちょっと湯気を出す

2010年05月10日 09:20

元ネタを知らないのが全ての原因



少し怒ってます。
映画が下品だったから。
シモネタは笑えなくてはいけない。
笑えないうえに下品・クドイ。
そう、私がドラゴンだったら怒りの鉄拳である。


ぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷり

朝からぷりぷりだ。
多分昼過ぎまでぷりぷりしてると思う。
最近そうね、ジョニー・トーが良すぎたから、そっちをずっーと観てたから、その至高になれてしまい格差かな。
ジョニー・トーの笑いって、下品でない。
もっとこう徹底したやり過ぎ感。
え~それはないでしょ!?って思わず突っ込んでしまう。
しかし、そのやり過ぎ感は時にホントにやり過ぎで笑えないのだが(りゅぢ氏にとってはジャッキー・チェンがソレ)、その引き際をよく知ってるというか、ギリギリのトコロをついてくる感じが堪らない。
そのセンスの格差によって、りゅぢ氏はぷりぷりしているのです。


パロディ映画を観るなら原作を観とけ。

何故ソコに気づかなかったか?
全ての敗因はそこである。
元ネタからのパクリでクスッと笑えるはずが、それがないのだ。
ツマラなくて当然だろう。。



【レビュー更新:ファンボーイズ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。