スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わらない話

2010年05月07日 13:10

再び



なんかぁ花粉っぽいんですけどー。
終わったとばかし思ってたんだけど、くしゃみとかでるんですけどー?
これって花粉なんじゃないんですかぁー?
眼とかぁ、痒かったりしてんですけどー?
マジちょーうざいんですけどー。


『終わった』

そう思っていたコトが実は続いているのほどうざったい話はない。
とっくの3月で終わったはずの花粉、再び。
ふむぅ、寒かったからな。そして今暖かいからな。
状況を考えるとまたきててもオカシクはない。
オカシクはないが、杉だかヒノキだか精子を飛ばしてる諸々に叫びたい。


『自重せよ!』

もちろん世の草食・肉食・生殖、どの男子にも言えるコトである。
さてはて『終わったと思ったのにまだ続いてるよー!!』と言えば思い出すあの暑かった夏の思い出。
若き血潮、熱き高校時代である。


えーと、全校朝礼の校長の話かな。うん。

なげぇの。話ベタの話好きで、要領を得ずとっちらかってて、何言ってるか分からない。
主題がそれてどんどん話が飛んでくし、飛んだ先からさらに飛んでいって、面白くなすぎた。
熱い日差しの下、そのツマラナイ話を聞き続けるのはもはや拷問であった。
凄い時は、1限の終わり近くまで話続ける。
一体なんだ?それは。授業はどうなるんだ?

拷問である。
だが、担任に文句を言ったところで『忍耐力をつけるためだから』と言われると、むむむと納得せざるをえない。


あの熱い灼熱の日。
いつにも増して長々と意味不明な心に一滴の潤い・痕跡を残さぬ話をする校長。
だがその日は暑すぎた。
バッタバタと倒れる生徒。
一人また一人と日射病で倒れる生徒達。

『と、まぁそういったわけです』

誰もが助かったと思った。
話ようやく終わりだ、と。


『ですからというのも・・・』


ドサッ
どこかで誰かが倒れる音がした。
校長よ、お前にこの阿鼻叫喚図が見えちゃいねぇのか?
後ろを振り返ると、はるか遠く屍屍累々、何十人という倒れた生徒達が濡れタオルを額に当て、木陰に座っているのが見えた。
要約すると『勉強しろ、だが遊びもしろ』とその程度の内容をカルピスよりも薄くうすーく希釈してるだけの話。
俺も、、俺も倒れちゃおうかなーーー木陰で座りてぇーーーーー。


と、『終わったと思ったけどまだ続いてるのーーー?』話。
誰とは言わないけど、悪いのはアイツだ。
花粉終わったと思ってたのに、『マジ花粉すね』とか言って花粉の存在を再認識させられた、いわば被害者なんですよ。


みなさま、花粉はまだ飛んでるんですよ!
被害拡大を願ってな。
スポンサーサイト


コメント

  1. げーいし | URL | -

    ご心中お察し申し上げます。俺は花粉は平気ですが、炎天下はだめです。その校長だめっすよ。一揆っすよ一揆。
    朝方の花粉にやられてテンションガタ落ちしてるりゅぢ氏見にいきたいなー

  2. りゅぢ | URL | -

    >ゲーイ氏

    きてきてー♪来てくれてもテンションガタ落ちだから、まったく相手できないけどw
    あ、そう。じゃ。くらいのテンションで大歓迎します。

    生きているのになぜかすでに胸像飾ってあった不気味な校長でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。