スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜道でペンギンに出会った

2009年01月17日 09:00

夜道を走る、ひたすら走る。


燦燦と輝く朝日を浴びて今日も一日始まるぞ、と誰もが今日という日に希望・活力を抱くその時に、りゅぢ氏はこともあろうか反省していた。
昨日、氏は諸君、我々の未来は輝いているのか!?羽ばたくか? というブログをつけたのであるが、実はこれ2時間かかった。
2時間かかって産声をあげた我が子は、じつにA4にして4ページ分という非常に大柄、ともすればすでに小学生並みのワンパクだった。
大変な難産であったといわざるをえない。
しかし内容はといえば、実にうすっぺらく『最近口臭が唐揚げ臭い人がおおいよね』と1行で十分収まることを延々綴っているのである。
身体はデカイが心は稚拙。逆コナン君を生産してしまった罪。
許しがたき莫迦者の所業である。
A4が4ページ。
かるく大学のレポートなみの量をほこる文章をいったい誰が読むというのであろうか?
泣く泣く氏はかなりの量を削った。
五体満足で生まれた我が子を、デカスギル、それだけの理由で削ったのである。

『なぜボクを産んだの?』

生まれたばかりの我が子は涙ながらに呟いた。
氏もまた涙を流し視界がボヤケル中、余分な箇所を削ったが、なにしろ視界がボヤケテいる。手元を誤ったか定かでない。

『長いくせに面白くない』

折角読んでいただいた諸兄には大変申し訳なく思う次第であります。
ただ弁解いたしますと、涙で手元を誤ったコトにその諸悪の根源があり、オモシロイトコも削ってしまった、もともとのA4・4ページは秀逸の出来だったとここに報告させていただく所存でございます。


さて、本日夜道でペンギンに出会いました。
裾をまくってものすごい勢いで走っていた。
その姿を見たとき、あれ?ペンギンってこんなんだっけな?と気になり始めて、心に燻った疑惑の念が次第に大きく大きく成長し、いてもたってもいられなくなった。

いてもたってもいられなくなり、ついにりゅぢさんは眠ってしまった。
起きた時にはすでに14時すぎ、微妙、実に微妙な時間ながらペンギンを確認する為水族館に行くことに。
誰か誘おうか?1人で水族館とかこの休日土曜日にカップル・家族に囲まれてペンギンを見に行くのはなかなかの荒行だ。
しかしながら友達のいない孤独な我が身、誰かを誘おうにも相手はおらん。
誘ったのに断られた日には、立ち直れりゃせん。
とういうわけで、1人で電車に飛び乗りついたは新宿15時過ぎ。
水族館の受付は16時まで。微妙・実に微妙。

諦めた。あっさり。

明日こそ行けるだろうか。
今日の二の舞だけは避けたい所存。
新宿についてトンボ返り。


トンボじゃなくてペンギンになりたいんだ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。