スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だって世界平和のために

2010年02月14日 13:27

思考を巡らせ!



暇な時は考える。
電車に乗ってる時、紫煙を燻らせる時、コーヒーカップを持ち上げた時、その瞬間その刹那に思考は彼方へと飛翔する。
何をそんなに考えるか?
そうりゅぢ氏は常に考える、『世界平和』を考える。

うむ、それは誤解だよキミ。
どうやったら世界は平和になるかだって?
そんなもんりゅぢ氏の知る範囲ではない。
おぅ、無責任。それでは考えてる『世界平和』とは一体何ぞや?


あらゆる原因の帰結を『世界平和』に持っていけるか?

それにつきる。
例えば遅刻した理由とか、宿題忘れた理由とか、そういった類。下世話であれば下世話なほど結論は白々しくも輝くだろう。
・・・そうさ、頭は良いけど使ってない、それが私だっ!!



『胸元あいたお姉さんの谷間をついついみてしまった理由』

なぜなら、それは世界平和の為なのです。
豊かな胸は母性の象徴、男性にはなく女性にのみそなわっているコスモ。
そんな宇宙にボクは抱かれていたいんだ。


昔から脈々と綴られてきたヒストリー。
歴史とは『his story』、その名が示す通り『男たちの話』であった。
話とは何か?それは戦いの話に他ならない。
今、当然のように与えられている人権やら選挙権やら、そういった『あって当然のもの』というのは長い歴史のうえで、ようやく勝ち取ってきたものなのだ。

だから男たちは戦いにあけくれた。選挙に熱中した。
家庭を顧みず、闘争に夢中になる男たちにたいし、古代ギリシャの女たちがとった行動は実に手っ取り早く且つ効果的だった。


『セックスレス運動』


簡単にいえばヤラセない。
そんなんで戦いに娯楽性まで見いだし夢中になった男たちが黙ると思うのか?


黙った。


男たちは黙った。あっさり。
それは性の強大さであり、男性の性に対する隷属に他ならない。
言い換えれば、ヒストリーを築いてきた男たちの女に対する敗北を表しており、その意味において女性は男性に対し、常に優位な立場にあるといえる。

偉大なり、大いに偉大なるかな性欲よ。


例えば戦場にでてみよう。
銃を携えた兵士が敵兵と遭遇する。
すぐさま始まる銃撃戦。
相手の武器もまた銃であるという点。
これでは戦力拮抗、やらねばやられる世界となり争いは絶えない。
これが違う武器、『おっぱい』というリーサルウェポンだったらどうだろう?
男はすぐさま全面降伏、銃をもってたその手をクワにもちかえるだろう。

ここでそのリーサルウェポンの魅力に打ち勝ち、銃の引き金をひく男がいたとしたら、すなわちそれは男性の性からの脱却・超越であり、その時、永劫続く争いによって世界に破滅が訪れるであろう。

ただし、その引き金を引いた銃というのが『自らの銃』であったとしたらその限りではない。『自らの』ね。


さてここで振り返る。
りゅぢ氏がお姉さんの胸元、その万丈の谷間に心遊ばせていたとしたら、それは男性の性への隷属があいもかわらず続いていることであり、つまるところ世界は平和であるいう事をあらわす。
故におっぱいに眼がいってる男がいたとしたら、その事をただ責めるのではなく『あぁ世界は今日も平和なんだなぁ、よかつた』と少し思考を広げて感受する心を特に女性諸君には持って頂きたい。

そう、『男性がおっぱいをみている』光景、それはつまり世界が平和である事を表してるのです。


おわり


ここで結論というか終わりの言葉を2通り用意したので好きなほうを選んで欲しい。
もちろん『世界平和の為』を理由にどちらが相応しいかを選んで欲しい。

【ケース1】
聡明な読者の皆様は気づかれると思うが、屁理屈である。
偉そうなただの屁理屈である。それ以外の何物でもない。
だがりゅぢ氏は、この『結論はつまり世界平和です』で大学入試に受かった男。
そうそうバカにしたものでもなかろう。
とはいえ、どう考えてもバカはバカである。
こういうバカがいるってのは、きっと今日も世界は平和に幸せなんだろう?



【ケース2】
聡明な読者の諸君は気づかれた思うが、全ての結論を世界平和に持っていくのは可能である。
このような下世話な内容から、崇高な理念、はたまた凶悪な戦争まで、すべての理由を世界平和の為と言い換える事ができるのである。
『平和のため』という大義名分のもと行われる諸々の行動に、嘘は含まれていないか?それを見抜く眼が必要とされる。
我々の立っている世界の『平和』とは、なんと脆くも儚く、偽りに満ちた事か。
『世界平和の為』で行われる公然とした人殺しがあるという事実。
スポンサーサイト


コメント

  1. 沼尾 | URL | -

    なんか、すごいね、おっぱいって。

  2. りゅぢ | URL | -

    >沼尾さん

    あ、ごめん・・・気利かなくて・・・。

    しかし、あれだ、キミのコメントが迷惑コメント扱いされたのはこれで2回目だ。
    何故ならキミが禁止ワード、言い換えればエロワードをふんだんに盛り込んでくるから。
    なんて破廉恥な女であろうよ。

    マフィンらしき物、大変おいしゅうござい。→返事はもちろんホワイトデー待たずとも『ok!』です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。