スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新ムリ、mixiからの転載です。

2010年01月31日 15:30

毎日更新したいけど、今日はムリ。
なのでミクシーからの転載。




FIXED。無理だった。


シモネタな上にくだらない。一言で言えば、尾籠な話で恐縮です。
多分こういう話は中学2年生くらいにしとくべき。
やっとけよ、人生で一番役立たずであろう中2の頃に。

そうして尾籠な話は始まる。
読み終わってもなんら得るものはないので、物語に教訓を求める輩ははよウィキペディアでも見たほうが時間の有効活用ってもんですね。


イロイロと考えた結果、サインは『オサナ』で区切っている。
『イ』まで書けよと言われる事も多々ありますが、そいつぁ無理ってもんよ、めんどくさい。
だからいつでも『オサナ』サインで通してますの。


メンドクサイ?


んじゃー『オサ』だけでもいいんじゃね?とか思ったら、それはある種正しい。
だがバットしかし、2文字ってさー、2文字はねぇよ。3文字欲しい。
欲張りさんで、でも4文字はいらね。

『オサナ』でサインしていると、そのうち人からの引継ぎでもたまに『オサナさんへ』と書かれるようになった。
それ自体はどうでもいいことだが、ある日引き継がれた紙には『オナ様』と書かれていた。

木村拓哉、略してキムタク。
オサナイ、略してオナ。

同じ場所を略して取り上げたのに、どうしてこうも尾籠なほうへ向かうのか?

オナ。オナ。オナ。オナ。オナ。オナ。

数が多ければ多いほど卑猥さをマスマス増す感じが、大変いやらしい。


そこで私は考えた。
仮にほんとに自分の名前がオナだったら?と。
現在、オサナイを略してオナ、すると卑猥なエロワードな感じがするが、もし最初からオナだったら、別に違和感なく受け入れられるのだろうか?と。

『小名』とでも書くのだろう。
『小名りゅうじ』。
略して『オナリュ』。

あれ?ダメじゃね?


んな話はどうでもよくて、例えば大学の友達とかには、『オナ』『オナ』『オナ』と普通に苗字で呼ばれるであろう。
ま、そこもどうでもよくて、だってオレ『オナ』だから、オナって呼ばれるわけだ。
で、ある日同じ大学のA子ちゃんと恋に落ちて発展してそのまま結婚、そんでもって子供が生まれるのさ。
共通の友人である小林くんがやってきて、僕らの愛の結晶である珠のような子供を見て言うの。


『オナかA子ちゃん、どっちに似てるかっていうと、オナ似だよね』


『オナ似だよね』

『オナ似だ』

『オナ似』



オナニ



そんなコトを考えた瞬間、将来的に娘がいぢめられる!『オナ二だよね』っていぢめられる!!と、いてもたってもいられないほど心配になってしまい、大急ぎで隣の佐藤さん(仮名)に不安をぶちまけたトコロ、


『ニーって伸びてないからいいじゃないですか』

と、フォローされた。
しかし後々考えてみると、そこのフォローまちがってね?



『あんた、名前オナじゃなないじゃないですか』

これが正しくね??


いちお先に謝っときますから。
ごめんなさい、くだらなくてごめんなさい。
もう謝りましたから。コメント欄は苦情受付欄じゃございませんから。
白い粉はやってませんから
スポンサーサイト


コメント

  1. naoto. | URL | -

    面白いですね、りゅぢ氏!
    中2ではここまで広げるのは不可能ですぜ!

    いや、確かにくだらないですよ。
    しかし、こういうことは思いついたら
    伝えたい。
    こんなくだらないおシモを公開しちゃう
    りゅぢ氏、素晴らしい!

    感動した!



  2. りゅぢ | URL | -

    >naoto.

    涙がとまらないだろ?
    その涙、いつか止めてやるよ、このオレが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。