スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョンイル!ジョンイル!

2010年01月30日 02:03

2周年(くらい)。



めでたくもこの『Not Place Utopia』が2周年(くらい)を迎えた。
誰にも見向きもされないが、健気に咲いている路傍の花が如くいたいと願い始めたこのブログであったが、実際誰にも見向きされていない。
また、このような嘘や妄想、およそ常識人として恥ずべき言動を残す駄ブログが2年も続いているのはめでたいことか不幸なことか。
しかし、その評価はりゅぢ氏の関与するものでないし、またどうであれ嘘も妄想も続くので、まぁどーでもいーや。


ここで振り返る、過ぎ去った2年と『Not Place Utopia』の隠された真実。


2008年1月:黎明期
初詣に神社に参拝に来たりゅぢ氏は、帰り道に神社の片隅で一冊の本を拾った。
それは『今日からつけるブログ』というハウトゥー本であった。
落ちていた剣に天啓を見いだしたジャンヌダルクしかり、りゅぢ氏はこれに天の意志を感じる。
勘違いも甚だしいが信じ込めば驚くべき成果を生むことを彼女についで実践した男となった。(見向きもされてないが、当初の目的どおりということで)


2008年2月:中興期
毎日書くことに楽しみを覚えたりゅぢ氏は、さながら初めて『オナ』を覚えた中学生の大井くんのようであった。
よく晴れたあの日、学校帰りに大井くんは言った。

『オナ、っていいよね』

オナって、いいよね?


りゅぢ氏は『オナ』という物体がはたしてなんなのか分からなかったが『ここでっ!?ここではダメだよっ!』と慌ててかえしたという。


2008年3月:晩年期
毎日かいているとかくモノもなくなる、手も痛くなる。


2008年4月~:霊安期
りゅぢ氏は心の死を迎えた。これ以降、りゅぢ氏は抜け殻となりブログを綴ることはおろか日常生活もままならぬ有り様である。故にこのブログは『りゅぢ氏をよく知る有志の会』のメンバー30人によってほそぼそと続けられている。いわばサザエさんみたいなものだ。

つまり、初めの3ヵ月のみりゅぢ氏本人によるもので、実は9割方有志によるものである隠された真実。
かくゆうこれを綴っている私はりゅぢ氏をよく知らない。
当のりゅぢ氏はといえば、このくそさむいのに自分は扇風機だと思い込み私のそばで回転している。


あーうざったい、殺していいかな?


有志というとりゅぢ氏を心から愛し、彼の遺志を継ぐ一枚岩な団体と思われがちだが、まったくそんなことはない。
現にラジカル派、穏健派、シモネタ派、健やか健康派、エコ派、千明派、はっ派、ショートカット派、妹派など実に様々、その数たるや48にも及び日夜血で血を洗う争いを繰り広げている。
どの派閥にも属していない私としては、構成人数より多い派閥を作るなんてこいつら頭悪いんじゃないかと常日頃より思っている。
故にこの48の派閥を揶揄して『おバカ四十八手』と影で呼んでいる。
たまに文体がブレるのもこうした理由からである。

さてこのブログにはタイトルが毎回2つあることに気づいただろうか?
まずいわゆるタイトルと、第一文目がそれにあたる。本当のタイトルは一文目になっている。
これは頭のおかしくなったりゅぢ氏が、何かしらにおいて気に入った言葉を可笑しそうに一日中繰り返して言ってくることに由来する。
数日前までは何故か『ジャッキーカルパス』と口にしては頬を桃色に染め上げ照れていた。
2008年の年末から年越しにかけて、タイトルが4文字の意味をなさない言葉の羅列だったが、アレの名残りである。
不思議とタイトルにしてあげると大人しくなるので、仕方なく入力するようになった。
今も隣でりゅぢ氏は楽しそうに『ジョンイル!ジョンイル!』と言ってキャッキャしている。



あーこいつ死んでくれねぇかな、マジうぜぇ。
スポンサーサイト


コメント

  1. 面陳 | URL | -

    100年続けてください

  2. りゅぢ | URL | -

    >面陳くん

    罰ゲームかい。
    100年読み続けてくれますか?心の面陳にしといてくれますか?

  3. あっぱく祭り | URL | -

    2年間お疲れさまでした。
    次は来世でお会いしましょう。
    ジョアを酌み交わしながら(ブルーベリー味)。

  4. りゅぢ | URL | -

    >あっぱく祭り

    来世までジョアあるかしら?
    現世でもあまりみかけませんの。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。