スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もねだる

2010年01月24日 13:30

ただあなたにだけ届いて欲しい響け恋のうた



どこで拾ったのか、今さらこの歌が脳内リフレイン。
十分響いてる、やりすぎなくらい響いてるよ恋のうた。


さて、夜勤明けのジョナサンにて『もうすぐバレンタインデーですね』な話。

結局、貰えりゃ嬉しいし、ましてやそいつが『本命』というやつならそのまま役所にいって結婚だという事で落ち着いた(自分の中で)。
そうそして懺悔。

『旅行しててちょうどホワイトデーは日本にいないコトが多くて返した事ほとんどない気がする。ほらオレ花粉症だからその時期日本にいるのツライのよ』

とアフォ面晒して申し上げたのですが、思えば貰っといて返さないとはなんたるサイテー。人非人な行い。しかしこれは半分正しく半分間違ってた。
昔のブログとか読み返してみるとですね、その時期に旅行行ってたコトは確かに何度もあるんですけど、14日は日本にいたようです。しかも割と毎年いたようです。
するとなんですか?まぁ、あれだ。ただ単に返してなかっただけのようです。ハイ。さらにサイテー。よし、次会ったらオレを殴れ。喜んで頬を差し出そう。手加減はしろよ。


でもね、でもね。。

↓以下言い訳↓(見苦し目)
貰った覚えがあんまないんですよ、彼女から。
というのも『別にいらないよ』と毎年言ってた気がするの。
そーは言ってもくれるコもいましたよ?
ただボクがいらないとかたくなに言うから、チョコじゃなくてカレーだったりしたのね。
『りゅぢさんチョコいらないっていうし、じゃぁカレー好きだしカレー作るわ』と。
確かに無類のカレー好きだから構わないし嬉しいけど、バレンタインにカレー。

これさ、オレ、ホワイトデーに何返せばいい?


そして『いらない』とか言いながら、彼女から貰ったチョコ(付き合うきっかけになったチョコ)は食べるのが勿体なくて2年くらい冷蔵庫にいれっぱだったりゅぢ氏の可愛さ。
でも、2年後にやっぱり食べるのは消費期限的に怖くて捨てた罰当たりさ(別れてたし)。


母は言った。
『あんた、その歳になってチョコの1つも貰えないの?さびしくない?』

姉は言った。
『りゅぢ、彼女からチョコ貰ったんでしょ~?』

りゅぢ氏は言った。
『貰ってない。カレー作ってもらった』


哀れみに溢れた眼差しで母は言いました。
『ほら、これあげるから。その代わりホワイトデーにはお母さん、スワロフスキーで妥協する。言ってもそのチョコ安かったし』

哀れみに満ちた表情で姉は言いました。
『私もあげようか?』

母と姉以外の人から貰ってない。
このありがたくない人たちにはノートに『悲哀』という字を1000回くらい書き取りさせたい。最終的には『余計なお世話』これを2000回。


だが、私は改心した。
貰ったらちゃんと返そうと。
返すよ、みんな、ボクちゃんと返すよ。


と、今年は哀れさと律儀さを前面に押し出してチョコをネダッテみる。そういう作戦。


ちなみに去年は投資という観点からネダッた。
決戦はもう始まってるらしい

来年はどうしよう?そろそろネタも尽きてきた。←ダメ押し
スポンサーサイト


コメント

  1. げーこす | URL | -

    チョコを渡すことは忘れても、おつかれさま処理はもう忘れない!

  2. naoto. | URL | -

    Re: 今年もねだる

    おつかれさま処理は忘れても、むしろチョコを忘れたら
    あかんで、げーこす!

    それにしても、チョコのお返しをしないなんて
    サイテーですね、りゅぢ氏。
    信じられない!踏んづけてやる!(←おすぎ風に)

    お返しは、バッグをあげて下さい。



  3. りゅぢ | URL | -

    >げーこす

    チョコを忘れないでください。特にボクの分を忘れないでください。本命と書くのも忘れないでください。この文のキモサだけは忘れてください。

    セコムのトコに『おつかれさま処理を忘れない』の文字。いじらしいぞ、褒めて使わす。

  4. りゅぢ | URL | -

    >naoto

    バック??

    それってダンディーな何かですか?
    むしろダンディーそのものですか?新作なんですか?もう出てますか?

    ヤれましたか?ヤられましたか?そういう話ですか?

    naotoさんのエッチーー!(しずかちゃん風)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。