スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼ヶ島も海の中の島だろうか

2009年01月25日 09:00

『鬼はー外、福はー内』この場合、福ってなんだ?




はるか昔、まだ人々が夜に怯え暗闇を恐れていた頃の時代です。

人ならぬ者、それを『鬼』と呼びただただ恐怖の対象でございました。

しかしながら時代が経つにつれ人は光を味方につけ、徐々に暗闇を駆逐していき、ついには科学という力で鬼を遠ざけたのです。


そして、現代。

暗闇、そのものに怯える人はもういなくなりました。

人ならぬ者の存在に恐れる人はもういなくなりました。

が、しかし、、鬼はほそぼそと潜んでいたのです。私達の中に。



いるんだけど?ねぇ、お腹の中に鬼いるんだけど?



もう潜むとかそんなレヴェルじゃないの。

結構堂々と友達とか呼んじゃって酒盛りしてる感じ。

友達じゃないけど、たまたま近く通りかかった鬼とかも、『おっ賑やかそうじゃん、楽しそうじゃん』ってどんどん集まってきてる。

完全胃の中が鬼ヶ島になってる。


いいか、お前ら。大海を知れ!


氏は流す、胃の中で大騒ぎしている鬼達を濁流渦巻く中に放り出す。

螺旋状に飲み込まれていった鬼達は細い管を通り、河へでて大海へと到着するだろう。

道中苦しきコト、悲しきコトさまざまあるでしょう。

同じ数だけ嬉しきコト、楽しきコトもきっとある。

そしてたどり着いた先、大海で鬼達が見たものとは!?


あっ、ちょっ、タンマタンマ。

鬼出る、鬼出るって、まだ鬼いるって。


あん、ダメ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。