スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度あるリゾットは、、

2010年01月07日 12:15

食べすぎで気持ち悪い



昨日私を抜いた家族が家族旅行に旅立った。
私めの中では姉の息子、あいつは家族に入らないと思うのだが、しっかりと旅立った。
上海に行くというに、大きなおもちゃのケースを持っていこうと出発ギリギリまで駄々をこねていた。
そんなもんいらないでしょ!という姉の騒々しい奇声に、『ちがう、持って行くんじゃなくて、駅でおもちゃ買うでしょ?だから必要でしょ?』と言い訳しつつ勝手な主張をするという姉の血筋を色濃く感じさせて、ただただムカつく。ナメクジが歩いた後のように後味悪くてムカつく坊やだ。

だから言ってやったのさジョニー、『飛行機に乗る時取られるね、あぁ確実に取られるさボーイ』そしたら坊や、『これはやっぱり必要ないよー、だからいらないって言ったじゃん、ママ』と人のせいにしだして、へいへいへーい、相変わらず癇に障るファッキンだ。

と、まぁ気分が憂鬱になる話は置いといて、独りはいい。
何が良いって、りゅぢさん料理好きなんね。
自分が食べたいものを食べたい時に作れるってのが、もうたまらんちゃい。
そして偏食家、気に入ったもんは何回続いても構わない。

さっそく食べた、昨日は3食リゾットだった。
『うちのコック、リゾットが得意で』
でもなしに、気づいたら何故か作ってた。
多めに作ったとかでなく、毎回新たに作った、まったくおんなじ材料のリゾット。
研究熱心で凝り性のりゅぢ氏は、なんとなく、ここ強火にしたら~とか、もうちょっと塩味強くしたら~とかイロイロ試行錯誤、微妙な匙加減が納得できずに3回も作ってしまった。
もちろん出来上がった物は、まったく同じ味がした。微妙な匙加減がいかに微妙かを表すエピソードである。

で、それがお腹の中に鎮座しておりまして、かなり苦しい。
どうしてここまで食べてしまったのか?それを悩まずにいられないほど、どっかで自律神経だかが『待った』を掛けてもよかったのにというほどに食べた。
ぷくぷくであります。

今朝、4食目のリゾットが胃の中に入り、ちょっと深刻に今ヤバイ。
研究熱心も大概にしとけよ、こら。


そしてやっぱり同じ味がした。熱心だが成果はでていない。
スポンサーサイト


コメント

  1. イリアリー | URL | ilpEaqIE

    Re: 一度あるリゾットは、、

    リゾットにサフラン入れるとおいしいっすよ

                   -痺れられない対象物よりー

  2. りゅぢ | URL | -

    >イリアリー

    サフラン、致死量は12~20g。
    蓋が外れてどばーっと出たら12gくらいすぐいきそうだ。

    怖いからセロリにしとく。

  3. イリアリー | URL | ilpEaqIE

    Re: 一度あるリゾットは、、

    知らないと怖いですね。致死量があるとは。でもパエリアは食べ続ける。
    行方不明のお土産サフラン合わせて20g位かも-サフランも登録制が必要かもー農薬毒物劇物登録みたいに。
    セロリはパセリと同じで子供の頃から痺れるほど好き
    特に芯がおいしいですね。

  4. りゅぢ | URL | -

    >イリアリー

    セロリ生で食うの?
    いやーちょっと無理かな。
    パセリも生はちょっと。。

    サフランは見つけても一気には食わんといてください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。