スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ア ピ ー ル

2006年06月06日 03:23

本日25歳になりました(アピール)。4半世紀ですね、りゅぢさんてば。
今週は金曜日にサークル行きます(アピール)。
チョコが好きです。柿の種チョコが大好きです(アピール)。

女の子から誕生日プレゼントのチョコをもらった場合、2月には恥ずかしくて渡せなかった物として解釈いたします。
その場合、「恥ずかしがり屋さん」という高評価がつきます。

さて、25年って長いコト経ちましたね。
ロボットだったら、とっくにスクラップです。
スクラップになりかかっている思い出の整理が、そろそろ必要なのではないか?

さー思い出そう我が人生。

・りゅぢ、幼児期。
「桜の命が短いのはね、恥ずかしがりやだからなんだよ」
今はないその感性、どこにいったのか。

・りゅぢ、7歳の時。
トンネルの中でキャッチボールをしてたら、走ってきた自転車に吹っ飛ばされる。
わりと大怪我を負う。自転車でよかった。
後日、自転車の運転手が謝りにケーキを持ってきてくれた。
おいしく頂いたが、明らかに悪いのはボクの方だ。

・りゅぢ、9歳の時。
父が本「坂本龍馬」を買ってくれた。
しかしあれは姉の誕生日。何故ボクにプレゼント?

・りゅぢ、10歳の時。
自転車で小さな交差点を走り抜ける時、車にはねられる。
自転車ごと壁に激突し、めちゃくちゃ痛くて涙が出てきたけど、頭の中では自画自賛をしていた。
というのも、交差点に入った瞬間、車が来ているのが見えて轢かれるコトは分かっていた。
ふつー急ブレーキをかける所だが、ブレーキかけたら轢かれると判断したボクは、むしろスピードを上げた。

ナ~~イス判断

「頭良い俺~~・・ガシャーンン!!
みたいな。すべてがスローモーションだった。

泣きながら思った。
「あれはいい判断だったなぁ~~」

急いで車を降りてきたドライバーには言った。
「だ、だいじょぶです・・うっ・・」

無傷。当時から丈夫だった。

・りゅぢ、11歳の時。
府中の総合体育館で、知らないおじさんに話しかけられる。
「ボクぅ~オナ○ーって知ってる?えっ?しらない?それじゃぁ、おぢさんが教えてあげるよ~~」
今考えれば、あの人は明らかに変質者だった。

・りゅぢ、12歳の時。
中学に入り、「クラスで制服の似合う人ベスト3位」に入りちょっとうれしかった。
今なら、老けてただけだと分かっている。

・りゅぢ、14歳の時。
音楽の授業の時、なんかのペナルティで歌を歌わされた。
他の人は、流行のJ-POPを歌う中、国家「君が代」を独唱した。
「キミはつまらないヤツだな」
と、先生にわりとしみじみ言われた。


これ以降の人生は、生きながらにして死人なので書くことないです。
決して「書くのがめんどくさくなったから」ではないです。死人なのです。
例えボクが少々異臭を放っていても、「りゅぢさん臭い」とか言わず我慢してください。
死人なのです、少しくらい腐ってます。
スポンサーサイト


コメント

  1. サンダル | URL | -

    お誕生日オメデトウ!

    中国の大連から東京の方向に手を合わせてあげよう♪
    でも、15歳から死んでたら白骨化してるね~
    もはや無臭なんじゃない?

  2. りゅぢ | URL | -

    >サンダルねぇさん
    ありがとうごぜぇます。
    しかしねぇさん、手を合わせるのはボクの記憶が正しければ、死んだ人にじゃないかな?
    あ、LivingDeadなんでいーのか。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://npublog8186.blog85.fc2.com/tb.php/454-09b41145
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。