スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気絶睡眠

2009年12月10日 18:05

ナルコレプシー



最近寝てる時以外常に眠い。
先日の乗り過ごして泣きながら歩いて帰った高幡不動に代表されるように、電車では常人には耐え難い眠気に襲われる。
どの角度から伺っても常人であるところのりゅぢ氏は、絶える事が出来ずに深い眠りに入る。
今日も乗り過ごして北野まで行ってきた。
北野といえばもう次は八王子であり、高幡不動よりもさらに奥であった。

このあたりまでくると、一駅一駅の間隔が非常に大きくなる。
車窓から見える景色も山がちになり、突然の目覚めによって飛び込む景色はおそよ東京とはかけ離れたものであった。
乗り過ごして北野駅に着いたりゅぢ氏は、府中まで戻らなくてはならない為ホームに降り立つ。
薄くモヤがかった駅は、静寂の上に貼り付けた無機質な放送を幻想的に滲ませる。
新宿行きのホームへ行こうと思ったが、気まぐれに誘われて駅からでてみた。

輪郭のぼやけた街灯の優しい光が暗闇に浮かぶ。
駅から伸びる一本の道の両側には街灯が立ち並び、丸くぼやけた光が点々と道しるべを築いていた。
誘われるがままにその道を歩き、気づいた時には線路から遠く離れ電車の音も聞こえなかった。
あたりを見まわすと、水の抜かれた水田が広がっており遠くには民家の明かりがまばらに見えた。
来た道を振り返ると、やはり一本の直線ではあったが、遠くの街灯はすでに消えており、帰り道を不安にさせた。

とりあえず行ってみよう

そう思いなおし前を向くと、辺り一面田んぼの中にぽっこりと盛り上がった小さな山へと道は続き、木々に囲まれた山頂にはわずかに神社が見えた。
神社へと向かう上り坂はアスファルトから石畳へと代わり、鉄柱の上に丸い電球が置かれただけの街灯が、大きな燈籠に代わった。
石造りの大きな鳥居を潜るといよいよ参道じみて、静寂や暗闇すら荘厳な空気をまとった。
薄ぼんやりと申し訳程度に灯りをともす燈篭の数を数えながら歩くと、左右あわせて72個数えたところで第二の鳥居を潜った。
眼の前に地味ながらも凝った透かし彫りをされた梁を持つ神社があり、その手前境内には煌々と光を放つ6つの燈篭があった。
その6つの燈篭に囲まれた空間には、白装束を纏った____


あ、ナルコレプシー。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。