スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスファシズム

2009年10月30日 07:04

20091030070836
ファシズム



待ち合わせにおいて、遅刻するなぞ言語道断、畜生にも劣る行為であると極論を展開することも可能であるが、毎回毎回きっかし時間通りに現れるキミを見ていると、『たまには遅れてもいいんだよ』と優しく微笑みたくもなるもんだ。
幸いボクは遅刻に寛容な人柄だし、何時間でも待っていられる時間キラー。
そう、だからたまには遅れてきなよ。なんなら来なくたって怒りはしない。寒い中無理して来る必要なんて何も、これぇーっっぽっちもないんだよ。


今年も街中にファシズムが吹き荒れる。クリスマスという名のファシズムが。


文献上にその名が現れたのはいつのことだろうか?ボクは知らない。
所詮一人の人間の誕生日を祝う日だと聞いているが、今となってはそれすら怪しい、実にピンクまみれな怪しい日となってしまった。
煌々と輝くファシズム全盛をあらわすイルミネーション。
この涙を溜めた眼には、水の乱反射もあいまってただただ直視するにはばかれる眩しい暴力。

あれほど普段『電気は大切にね』と言っているデンコちゃんもこの時期は沈黙を守る。
どうした?この目映いばかりのイルミネーションこそ多大なる電気の浪費ではないのか?
ファシストの圧力か?それとも噂は本当なのか?


イルミネーションの光は電力を使っていない。独り身の者たちが一年間ためにためた涙の輝きである。


だとしたらなんと悲しい日か。
幸せそうに笑うツガイどもよ、今お前らの歩く道は何万という屍の堆積。
笑うなよ、笑うなよ。
笑ったその顔に屍は指差し笑い返す。

『まてよ、お前も踏まれるぞ』

それが因果応報、ルバイヤートの世界。

私たちは偉大なる先達を尊ばなければならない。
せめてものはなむけをしようじゃないか。


同志よ、来るXデー、クリスマスファシズムにたいするレジスタンス運動として、まずファシストの手先たる白髭の赤服老人の髭を10人分刈れ。
もちろん、私は50人刈ろう。
髭がなければ奴らただの不審者、下手したら泥棒、不法侵入野郎である。
そうして集めた髭で焼き芋をしよう。もちろんジャガイモだ。


これを、コードネーム『ピョートル作戦』と名付ける。

健闘を祈る。メリークリスマス(地獄で会おうぜ)!!


PS
うちに白川郷で買った日本酒が残ってます。金土曜暇な方、お相手してくれませんか?連絡待ってます。。
スポンサーサイト


コメント

  1. ぽんぽんつく | URL | -

    はいはーい
    ヽ(´∇`)ノ 
    お相手いたします


    いい加減、
    公開交換日記みたくなってきたんで
    コメント差し控えたがいいですね、あたしw

  2. りゅぢ | URL | -

    〉ぽんちゃん

    読んでる人も少ないだろうから、もともと交換日記みたいなもんよ。だから飽きずにコメントしてね。


    とりあえず九州の方を向いて乾杯だー!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。