スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜は短し歩けよ乙女

2009年03月02日 09:00

森見登美彦氏が好きです。



少し前に巷で噂になったこの本だが、既読であろうか?
もしまだであれば自信を持って一読をお勧めする。
フワフワした感じがたまらなく、森見ワールドにどっぷり浸かる事まちがいなしだ。

さて、どうやらこの『夜は短し歩けよ乙女 』が舞台になってるらしい。
むむむ、原作がオモシロイものって大抵映像化するとコケルじゃない?
文章で入って想像を膨らますからオモシロイわけで、映像で眼から入ってくるとそれ以上膨らまない。
そもそもこのお話がフワフワしたファンタジー的要素があるんで、どうしてもチープな感じになりゃせんかな。
そんな心配をしつつも、見たい。見たいよね。
だって森見登美彦だぜ?夜は短しだぜ?見たいよー。


でだ、この劇団アトリエ・ダンカンプロデュースなんすけど、次回公演は『鴨川ホルモー 』。
なにぃー!なんてステキな選出なんだ。
京大二大おバカ小説巨頭、森見登美彦と万城目学両人の代表作を連続で公演するなんて!?
み、見たいっ、ホルモーも見たい!
だってコレ、1000匹のちっこい鬼が戦争ごっこする話だぜ?
舞台でどうやって表現するんだろう?


まずは『夜は短し』、面白かったら『鴨川ホルモー』。
感想を分かちあう友求む。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。