スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広がる世界はシモネタ世界

2009年08月09日 11:34

万華鏡。



筒の中を覗けば不思議な形をした鮮やかな世界が広がっていた。
くるりと筒を回せばその何かは形を変える。
同じ形は二度と現れず、それはまさに万の華、無限の現れ。

小さな頃、祖父に貰った万華鏡を日が暮れるのも気づかずに夢中になって回した。
一番綺麗な形を探し、二度と現れないその形を求めまた回した。

今、大人になって昔を懐かしみ万華鏡をもう一度覗きたい。
しかし今となって、私は万華鏡がどこで手に入るのかを知らなかった。


縁日だろうか?

きっとお祭りにいけば、あの万華鏡があるに違いない。
浴衣を来た女の子と一緒に覗いた無限の世界を楽しむ、それは無縁の世界?


そしてりゅぢ氏は心中を佐藤(仮名)にこぼした。私たちは“月に人が住めるようになっても付き合わない”仲であるので、そういう意味では間違った人選であった。


「お祭りいこうよ、お祭り」

『いいですねー』

「万華鏡買おうよ、万華鏡」

『は?マングリキョウ?マングリキョウってなんですか?』


人選、まちがったーー!!
まんぐり鏡?
なんだそれ?ごっついシモネタ。

ミラクルな佐藤(仮名)の耳に乾杯、完敗。
スポンサーサイト


コメント

  1. tamana | URL | -

    Re: 広がる世界はシモネタ世界

    お久しぶりです!
    覗きみたら、なんということか。
    実はワタクシも万華鏡大好きでした・・・。
    よく、筒の透明なところにマツゲが挟まり抜けたものでした。
    万華鏡は先日行った熱海のホテルのマッサージ屋にありましたが、大抵ぼったくりな、ビーズアクセサリーやレースのハンカチの近くにある、というのがワタクシの見つけた定義になります。

    しかし佐藤嬢・・・。
    すさまじいエロさ。。。。
    「無垢」「無邪気」に対して起こる「恥ずかしさ」となぜかの「イライラ」ってこういう発言がら生まれるんですね。このイライラがまた「エロ」に繋がるのですが・・・。

    フフフ・・・。また来ます・・・。

  2. りゅぢ | URL | -

    >tamanaさん

    ホテルにありそー。
    でも神秘性ってまったくなさそう。
    ある種、万華鏡って神秘的なものをもってるじゃない?
    それをぼったくりみやげ物やで買うのはちょっと気がひけますねw

    佐藤嬢はねー、聞き間違えが多すぎるんです。
    そして、口に出す前にちょっと考えて欲しいのです。
    本人は、『桃源郷』の親戚的なものだと思って、『満栗郷』だと思ってたらしいです。
    桃のみなもとの郷と、栗に満たされた郷で親戚っぽいので、一応筋が通っているけど、バカですわ。

    あいつバカなんすw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。