スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏バテをしない健康法

2009年07月25日 14:23

人生を彩る嘘。



雨月(ゆげつ)さんという方のライブに行ってきた。
ピアノも歌もうまくて、ちょっとびっくりした。
相変わらず音楽を評価する言葉を持たないので、『びっくりした』この程度でしか表現できないのが残念。

夏バテを乗り切るため、彼女は“梅にんにく”を食す。
毎朝4粒の“梅にんにく”をご飯と一緒に食して、気分さっぱりだ。
去年だったら、今頃には食欲減少していたのに、今年は“梅にんにく”のおかげで食がすすむのだと。
へーすげぇな、“梅にんにく”。


ところで、“梅にんにく”て何??


そんな“梅にんにく”をつゆぞ知らぬりゅぢ氏は、梅のようなにんにくか、それともにんにくのような梅か?はたまた、梅とにんにくのバイオ技術の結晶か?などさまざま想像をぶっ飛ばしていたが、その実、梅エキスに漬けたにんにくという至極もっともな代物であるとこに落ち着いた。
さらにそれと、素っ裸健康法。
おいおい、アーティストの女の子が素っ裸で寝てます!とか言っちゃって良いのかい?と、思っちゃうくらいほんわぁ~とした子なんだが、『素っ裸で寝ると健康にいい』それは残念ながら嘘だ。
確かによく聞く気がするよ、『裸で寝ると気持ちいい』『健康にいい』『裸族』。
気持ちいいのも裸族も本当であるが、『健康にいい』その一点に関しては嘘だ。


オレ、今日、ちょー具合悪いもん。


エコな人間なんで、エアコンはつけてない。
風通しよくして寝ているんだが、暑い。
故に裸族。服なぞ着てられぬ。
なぜこれで風邪をひく?健康になってない。


もしかしたら、パンツだけ履いているのがいけないのか?
完全裸族じゃないと、健康という輝く青春は手に入らないのか?
最後の羞恥心であるこの腰周りの布が、オレの健康を遠ざけたのか?

むむむ、ならばと今すぐこのパンツを脱ぎ捨てたいところであるが、実家である。
そして、我が家にはすでに裸族っぽい方が一人住んでらっしゃる。
家に2人も裸族がいたら、さぞかしメイワクな話じゃないか?
例えば朝食、家族で食卓を囲んだ時、裸族が2人、食パンを齧ってたら残りの1人は何をおかずに食をすすめん。


故に、りゅぢ氏の健康はなかなか手に入らないのである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。