スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝てる間にコビトたちが身体をさらってく

2009年07月20日 17:52

短時間睡眠。



タイプ別に、短時間睡眠と長時間睡眠の人がいるらしい。
勝ち負け的な話でもなく『そういう人』といった枠付け。
そして私、りゅぢ氏は他と隔絶なる差をつけて長時間睡眠の雄だと思っていたが、そんなことなかったらしい。


短時間でもぐっすり快適♪



どうもベッドというものは暑いらしい。
というのも最近、ベッドで寝たにも関わらず起きたら床の上だ。
寝た場所と違う場所で起きるというのは、なかなか不安が大きい。
いつ移動してるのだろう?全くの無意識である。
自分で移動してる意識がない以上誰かのせいにしたいものだが、寝てる私をお姫様だっこで持ち上げて床に移すという作業の見た目その他諸々の絶望性を考えるとありえない話だろう。


そうして先日もベッドで寝たはずの我が身は、起きたら床の上だった。
ふと時計を見たら、ベッドに横たわってから30分と経ってなかった。
きっと眠った時間は正味20分とないだろう。


移動するの早いね、オレ。


全然記憶にないの、移動した。
でも20分という短い時間の間に、確実に床に動いてるわけで、起きたときには熟睡感を感じてる。
なんならもう、散歩とかしてこようかなくらいの目覚めすっきり。
ていうか、睡眠から20分以内に移動って我慢できなすぎじゃない?もうちょっと耐えようよ?


まぁさ、何がいいたいかってさ、眠り始めの30分以内に床に移ってるんなら、最初からベッドで寝なくてもいいかなって話。
んでもって、オレすげぇな、夢遊病かなって不安で心中喧々囂々だよって話。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。