スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの姉ちゃんすげぇんだぜ?

2009年07月11日 04:32

あー頭痛い。



これはあれか?夏風邪か?
毎年毎年夏を待ちきれなくて、若干の寒さに耐えながらパンツ一丁で眠ってます。
5,6月とそれでも健康で過ごせ、もう7月、十分あったかいからさすがに今さら風邪なぞひかんじゃろ思うてたら、ばしょーんと今頭痛い。物凄い寝汗だ。
パトラッシュ、ボクはもうダメだ。

まぁ、言うても恋の微熱程度の発熱なんで、それほど大したコトでもない。
こんなパワーじゃボクは倒せやしない。


さて、昨夜うちの残念極まりない姉がやってきて、電気屋行きたいから車で連れてってくれと仰った。
ボクとしては具合も悪いし、姉が行くってコトはその息子も来るわけで、ちょっとなにそれ?チョー憂鬱なんすけど?な状態だったんですが、まぁ残念な姉がデジカメ欲しいとか言い出して、ここで買えないのも残念なんで連れてってやった。
そもそも何故にデジカメ?なんだが、それは日曜から旅行に、ボクを除いた家族が家族旅行に行くからそれで欲しいんだって。

ふーーーーん、いいね、楽しそうで。別にいいけど。。


車に乗るやいなや、CDを入れ替え謎の音楽を流す姉。

『いいじゃんいいじゃんすげーじゃん♪いいじゃんいいじゃんすげーじゃん♪』

なにこれ?ねぇ、おねえちゃん、なにこれ??


『あ、仮面ライダー電王。ほらこの子が好きだから』

なる。
姉の息子は今仮面ライダー電王まってんのね。
へーー、って子供、音楽に無反応。でも姉歌う。

もうね、ちょっとビックリしちゃったっていうか、全然興味しめしてないの。
子供が好きだからとか言って、なんでお前が歌ってんの?って感じなの。
なにがすげぇかって、姉、台詞パートまで完璧に歌っちゃう辺りに『子供が好き』の偽りが現れてる。

俺、苦笑い。終始、苦笑い。


電気屋で無事デジカメを買ったんだけど、姉、すげぇなと思ったのが、全然デザインとかスペックとか気にしないの。
ボクが買うとなったら、デザイン・スペックはもちろん、持ち易いかとか軽さとかそりゃもう入念にチェックして買うだろう。

『どうせ使うの私だし、これでいい』

と、まぁ俺絶対これはないよ、ってデザインのヤツ値段の安さで選んでた。
己を知ってるぜ、アイツ。
月に数万単位で携帯を使ってるのにも関わらず、バーコードリーダーの使い方知らなかったり、CDやDVDをパソコンで焼けるコトを最先端技術かのように言ってきたり、すでに一枚入ってるスロットインのプレイヤーにもう一枚強引に差し込んで壊したり、ドジっこか?機械オンチか?ちょっともう、レベルが母親世代。

さらにすげぇのが、値段だけは熟知してんの。
ポップで『さらに安くなります、店員に相談ください』とか書いてるやつの値段、店員に相談してないのに知ってんの。
何で?ねぇどうして?スペック知らないのにいくらまで下がるか知ってんの?
よく分からないが、情報源がいるらしい。という噂。

買ったデジカメは嬉しそうに姉の子供が持ち、車に戻る。
帰路を走ってるとき、姉が突然言った。


姉『あれ?買ったビデオカメラちゃんと持った?』

子『え?わかんないよー』

姉『え?じゃなくてビデオカメラだよ、DVDだよ!』


デジカメである。

そもそもがデジカメである上に、ビデオカメラはまだギリ許容範囲だが、DVDになっちゃうと完全に別物だ。
『ビデオカメラだよ、DVDだよ』
ここ、何故全然違うモノ、似てもなく非なるモノに言い換えたのかまるっきし分からない。
それでも押し通す辺りが、姉すげぇなと。
お前の母ちゃんだろ?言わんとしてるコトを察しろよ、この5歳児が。


ま、普通に持ってたんで全然問題なく家に帰りました。
相変わらず帰り道も『いいじゃんいいじゃんすげーじゃん♪』と歌い、感情込めて台詞まで言い切る姉がうざかったです。

まじうざかったです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。