スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母さんに角が生える

2009年07月10日 05:35

どうして人は、モグラを叩こうと思ったのか?


さて、どうしてだろう?


誰しもこんな経験あるだろう?
バナナが落ちてたらスベッてみたり、プチプチくんが置いてあったらプチプチしてみたり。
モグラがいたらたたいてみたり。
ようするに無条件な条件反射。


しかし若かりし頃、一つ上のオトコを目指すりゅぢ氏としては、モグラなぞというほぼ戦闘能力を有さない小動物退治にはハッキリいって眼中になかった。
そう、より恐ろしくも獰猛な対象物でなくては、言っちゃえばワクワクしない生まれながらの戦闘民族のオトコといえる。
戦いを渇望していたオトコを満足させる命のやり取り、それをギリギリで楽しむかのような危険なゲームを若かりしりゅぢ氏は楽しんでいた。


ワニワニパニック


ワニである。
『もぅ、おこったぞー』
のワニの掛け声に背筋からゾクゾクしたのを覚えている。


あれは私が大学に入りたての頃だった。
高校時代からの友人小林くん(仮名)とともに大学をサボってワニ狩りにいそしんだものだ。
当時、主にワニ狩りスポットとして、新宿小田急デパートの屋上が有力であった。
今でも忘れない、あの殺伐とした雰囲気の中、ワニを叩いて叩いて叩きまくったことを。


『ワニを狩る者は、ワニに狩られる覚悟を持たなくてはならない』

当時の座右の銘だ。
これを持ってして、我が覚悟の程を知ったであろうよ。
実際狩られた物は、ワニでも自分でもなく、大量の100円玉のみであった。


よく晴れた平日の昼下がり、デパートの屋上は閑散とした雰囲気である。
血に飢えた母子連れが数名、日向ぼっこしながらソフトクリームという傷を舐めあい、パンダの乗り物は『ペーペーポー、ペーペポポー』ともっと相応しい曲があったんじゃねぇの?ってくらい物悲しい音を立てて徘徊している。

ここぞ我が戦場、『東方戦線異状なし!』とばかりに私達は戦った。ほんとは東方戦線(大学)は異状だらけであった。
そのうち私達は、互いに競い始めた。
無理からぬ話であろう、若きスサノオが二名、己が武勇を競うのは仕方ない。
そのうち一人でも小田急デパートの屋上に通うようになった。
もう一度いうと、昼下がり、ママさんとちっちゃな子供のみがいる殺伐とした小田急デパート屋上に、大学生が一人で飛び込みワニを叩きまくったのである。
その勇気たるや、ちょっと真似できないよねー、素人にはお勧めできないよねー。

『おいりゅぢ、俺こないだスコア98だしたぜ?』


な、なにぃ!!
いつの間にそんな上達を!
二人の腕は確実に上がっていった。
世界中見渡しても、これほどのワニハンター他にはいねぇんじゃねぇの?ってくらい俺が1位か?お前が1位か?くらいの腕前になってたと思う。

『くっ、やるな小林っ!』

そんな実生活でほぼ使わないであろうワードが、ココロに浮かばない日はない充実した日々だった。


そして、迎えた或る雨の降りしきる日だった。
いつものように私は一人、ワニを狩る。
ココロの猛りを悟られたはいけない、木を見てはいけない森を見ろ。
千手観音が如く動かす右腕、無駄な動作を省いた直線的な動き。
打ったら引く、打ったら引く、打ったら同じ速度、同じ軌道で引く!

100点


ついに私はノーミスパーフェクトの100点を叩き出した。
100点をだすと、表示できないから00点になってしまうのを初めて知った。

コブシを握り、諸手をあげて雄たけびをあげる。


「エイドリアァァァーーーン!!」←基本雄たけびはこれ



そして興奮も一通り過ぎ去った頃、己を知る。



「学校サボって一体なにしてんだろ?」


その年の取得単位、70単位程申請してわずか17単位のみ。
ワニハンターより、単位ハンターになりたかった。なるべきだった。


1年目の終わり、母は聞いた。

『あんた、単位どんくらいとれたの?』

「ん?んまぁ・・・30、、、単位くらい、、かな?」


うそつきっ!!
取得単位を約2倍誤魔化しやがって!
でもホントのコトは言えなかった。

「ワニワニパニックでワニ叩くの忙しくて単位取る暇ありませんでした」

狩られるって。まぢ狩られるって。


以下、これからワニを狩りに行こうと思っている後輩達に私はこの言葉を贈りたいと思う。


『ワニを狩る者は、ワニに狩られる覚悟を持たなくてはならない』

追伸:『その後母親に狩られる覚悟も持たなくてはいけない』


キモに銘じろ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。