スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニの仮面

2008年05月23日 09:00

以前コンビニでバイトしてた。


毎日やってくるおばあさんがいて、まぁ常連てやつだ。

来るたんびにおばあさんは『明太子おにぎりない?』と聞いてくる。

どうも明太子が大好きなんだが、ここのコンビニはいつもなくて残念なんだとか。


とは言え、コンビニなんてあるもんはあるし、ないもんはない。

適当に聞き流して、ごめんなさいねー今度仕入れるようにいっときますねーとあしらってた。

でも常連さんだし、毎回毎回がっかりさせるのもかわいそうな気がしてきた。

ここらでホトケ心をだして、店長に一言伝えた。


『あのおばあさん明太子大好きらしいんで、仕入れてやってくれませんかね』


そして明太子おにぎりは店頭に並んだ。



おばあさんがやってきた。

ふふふ、今日は明太子おにぎりありますよー喜ぶだろうなーと思ってレジにくるのを密かにほくそ笑みつつ待っていた。




昆布なの。




持ってきたおにぎり、昆布なの。

えっ?どうして??あんなに明太子明太子って毎日言ってたじゃんか。

気づかなかった?今日明太子ありますよ??



『そうね、今日は昆布食べたい気分なの。明太子はまた今度にするわ』



そして、明太子はその日売れ残った。

ホトケ心をだしたばっかりに・・・。


以来ボクはオニの仮面を被っている。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。