スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の憤り(社会派)

2008年07月11日 09:00

ちょっと今日は趣向を変えて、社会的かつ文化的な話を。

やや流行に乗り遅れてるけど、イタリアの大聖堂だかの世界遺産?に落書きをした女子大生について見解をのべてもいいかしら?

というのも、知性的なりゅぢさんってイメージを少しずつ植えつけたいし、少なからず憤ってるし、そう毎日毎日オモシロいことなんて書けねぇんだ、バカだから。


今日ニュースを見てたら、その女子大生がイタリアに自費で謝罪に行ったと言ってた。

まぁ、当然ったら当然だし、ここまでニュースで大騒ぎしてたら行かざるを得ないだろうけど、立派っちゃ立派な行動だ。

でも、謝罪をしに行ったら平和大使に任命されたんだってさ。


『桜の枝を折ったのはボクです』


その女の子、平和大使と言わず大統領にでもしてやれよ。


いやさ、そもそもの話、落書きぐらいで大騒ぎしすぎでしょ。

世界遺産といわず遺跡的なものには、各国の字でめちゃくちゃ落書いてあるし。

だからといって落書きしていいってわけじゃないけど、落書きの上に落書きしてるくらいほとんど落書きで埋め尽くされてるものとかあるわけよ。


この気持ち、ニュアンスを文字で伝えるのは難しいな。


たくさん落書きしてあるし、記念に自分らもって軽い気持ちでみんな刻んでってるわけですよ。

こんなにたくさん落書きあるんだし、日本中で話題にされるようなそんなに大きく取り扱わなくてもいいんじゃない?

たまたま身元がはっきりしちゃうような事書いたバカがいただけじゃんか。

『日本の恥さらし』的な厳しい評価が下ったわけですが、ほんとに『恥さらし』なのは遺産に落書きしたことか?


『個人を特定できる情報を残した』


ボク的には、これが『恥さらし』だと思われる。

半ば習慣的というか、娯楽的というか、日常的に落書きされてる建物。

それをしてしまう人ってのは、もうその時点でレベル低いわけで仕方ないじゃない。

でもそのレベル低い方々も、名前と日付くらいで、自分が誰かを特定されるようなことまで書いてない。

これって多少なりとも、悪い事してるって思ってるからなんだろう。

でも、彼女たちは『岐女短』って書いちゃった。


住所書いちゃったようなもんだ。


悪い事だって認識すらなく、書いたことがバレるような情報も残した。

ほんとの意味で『恥さらし』ちゃいましたね。


でもね、ボクが憤ってるのはこんなことじゃないんだ。

『平和大使に任命』って、、バカじゃないのか?イタリア人。

今回、一連の騒動でイタリアの度量のデカさを感じたよ。

まぁ上記の通り、なかば日常的な落書きに対していちいち目くじら立てるのもバカバカしくなってるのかな?って気もしたけど、とにかくデカかったよあいつら。

『平和大使に任命』って、、バカみたいにデカいな。デカいバカか?


正直『平和大使』のお仕事ってなんなのかよく分かってないし、別にどうでもいい名称なんだろうけど、その新任平和大使、落書きするバカの中でもさらにバカですぜ?


『桜の枝を折ったのはボクです』


その素直に謝ればOK、なんて美談なんだ!謝った方、許した方、どっちも立派!!的な感じがなんとも辟易させられたのです。

そこに憤ったのです、今日、ボクわ!


ん?いや、もしかしたら、、、

『平和大使』になった事実ってのは、なんでそれに任命されたかってのが常に付きまとうよな。

そうすると、その肩書きがある限り『大聖堂に落書きしてバレちゃった大バカ者』ってのが忘れられない。

これわ、、、いい恥さらしだ!!

全世界中に見せしめ的な意味合いが込められてるのか??

なんて策士だ、、イタリア。。。えげつない!

そこに憤ったのです、今日、ボクわ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。