スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山よりも海よりも

2013年01月18日 07:15

河派

メコン河

よくありがちだが、『山派?海派?』な会話のうえで私は断然河派である。寄せては返る波間でたゆたふ母なる海もよいでしょう。雄大な自然に包まれる山ももちろんよいでしょう。しかし断然、河がよろしい。それも大河、大河がたいへんよろしい。

写真はメコン河で恐らくラオスのサヴァンナケート。

規模的に見れば、『海のバカヤロー』と叫ぶ人はいるかもしれないが河に罵詈雑言を浴びせるバカヤローはいないことから明らかに海には勝てないでしょう。達成感という観点から覗けば、高い山を登って頂上から見下ろす、『人がゴミのようだ・・・』感とは比較にもならないでしょう。ではなぜ私は河をこんなにも愛するのだろうか?河はいつだって一方通行(ポロロッカ除く)。これぞ荘子が言うとこの大きな道であり、まさしく河の流れは人生そのものである。だから私は河が好きなのであ、、、あるわけがない関係ない。

単に私は船酔い体質なのである。海なんぞ乗ってすぐ酔うわ。

海は退屈である。確かに広いな大きいな、みつおがごとく素直に感動できるだろうが広すぎてなんだか動きに乏しい。そして今日び海のそばはなんだか波にさらわれそうで怖いじゃないか。得体のしれない漂流物もなんだか不気味だ。
一方、山に至っては『そこにあるから』という理由だけで登っていくヤツの気が知れない。大丈夫か?しっかりしろ。どこまでも登っていくのであれば麓からエールを送ることやぶさかでないが、登ったら降りなくてはならない。なぜ登ったのに降りるのか?この不毛さが私の足を登山に駆り立てない。

そこで我らが河である。

河はいろんな人が行き来をして楽しい。小船が漂ったりもするし、漂流物もなかなかオツな代物が多い。かつて手足を縛られた死体が流れてきたが、あれはなんだったのだろう?悪夢としか思えない地獄絵図である。もうこれ以上一歩たりとも上流に向かいたくない。楽しい思い出をすべてなかったことにするくらいパンチの効いたこの悪夢以外はみな楽しい思い出だ。

写真のサヴァンナケートからさらに南に行きカンボジアに近くなると、メコン河の川幅が10kmにもなるとか。また河の中の島が4000もあるらしい。シーパンドンってとこなんだけど、ここ行ってみたいなぁ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。