スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストナイト、ベトナム

2008年08月24日 09:00

フエの街を歩いてると、シクロっつー自転車タクシーのおっさんたちが


市場にいかないか?


と、ものすごい市場を押してくる。

なんだろうか?この市場押しは。

こんなにも押してくるのなら、そら素敵な市場だろうとハノイ行きのバスまで時間あるし見に行ってみた。

結構なデカサの市場だったが、今まで見たどのアジアの市場よりも酷い悪臭だった。


これわ、、劣悪な職場環境だ。


まさに3Kってやつ?


・くさい

・汚い

・気が狂うほどくさい


ものの10分とせず逃げるように退散。

あと5分いたら気が狂ってた。


さて、12時間と書いてあるバス移動が、なぜかついたら13時間かかってた。

来るときは2時間以上かかった道のり(ドンハ→フエ)を、ハノイ行きのこのバスは1時間たらずで走行(フエ→ドンハ)。

こいつはもしかしたらすげぇ早く着くんじゃねぇか?という期待を見事に裏切り、予定より1時間のディレイ。

ガイドブックによると、「南のホーチミンとは異なり、ここハノイは社会主義の首都らしくひっそりとした街」だそうだが、ウソじゃないか。

「ひっそり」ってどこが?めちゃウルサイじゃないか。「ひっそり」な部分をぜひみしてほしい。

唯一社会主義を垣間見れたのが、ハプロマート?っていうスーパーマーケット。

商品はあったけど、残念ながら店員に売る気がなかった。

入り口入ってすぐの狭い通路に店員が座り込んで飯食ってた。


ここには何でもある。

でも店員に売る気がない。

それがこの店の唯一ないものよ。


まさにそんな感じ。


そうそう、電車にも乗った。

バスもいいけどさ、電車には電車の良さってもんがあるじゃない?

世界の車窓から、っていうのかな?旅行の醍醐味だよねーーー


なかった。。。良さが・・・


ぜんぜんなかったの。

この電車はどこを走ってんだってくらいウルサイ。

話をするなんてもう論外。

イヤホン耳に詰めて耳栓代わりにした。

そして、ものすごく蒸し暑い。

なぜかクラクションを鳴らしまくってるからさらにウルサイ。

なんかね、途中下車したくなっちゃうくらいきびしかったの。



数年前にタイにさ、初めて行った時思ったものさ。

「なんて雑然としたとこなんだ」と。

ミャンマーでも思ったのさ。

「お前らもっと効率とか順番とか気にしろよ」と。

いやいやいや、ごめんなさい。

タイもミャンマーもかなり整然としてるよ。


ここに比べれば!



タイ、信号守るもん。

ミャンマー、クラクションこんなにはならさないもん。


明日、ついに整然とした街、バンコクに戻ります。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。