スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田県の憂鬱

2012年11月19日 11:46

キミは少し舐めてるだろう?



夜行バスで約9時間、東京から秋田県は角館にやってきた。わほーい!一番前の席だ!事故ったらまず死ぬ場所だが景色が見えて最高!って思ってたら、23時の消灯とともにカーテン閉められて何も見えず。寝る人の為に遮光したんだろうけど、明るいと眠れないような軟弱モンが夜行バスなんて乗るんじゃないよ!と私は憤る。バスのたのしみは景色に飽きたら寝て、起きたら景色眺めて、本を読んだり音楽聞いたりと多岐にわたる。こんなに真っ暗にされたら寝るしかできない。過剰なサービスにも困ったものである。

さて朝7時ごろ、小雨降りしきる角館に到着した。だいぶ寒い。あえていうと、福岡はあんなに暖かかったのに!と、寒さ自慢。ここに比べたら福岡の寒さなんて、ハワイの大王、沖縄で寒がってるくらいのもんだ。
プルプルと寒さに耐えつつレンタカーが開くのを待って、早速ドライブ。福岡で味を占めたんだな、レンタカー。
行き先は大湯ストーンサークル。ナビで地図を検索すると、100キロ以上ある。旅先からさらに旅にでる心持ちだ。ここからさらに秋田市の三吉神社も行きたいので総走行距離250キロくらいにはなるはず。かなりのトリップだ。
なにより心配なのは雪。天気予報は相変わらず雪マークだが、イマイチどの程度なのかは分からない。車を借りた際に雪どうですかねー?と尋ねるも、どうでしょーねー?と逆に聞かれる井戸端会議のような曖昧さ。なるほど、行けばわかるさー、危ぶめばそこに道はなし。

道をすすむにつれて、雨の中に雪が混じってハイブリッドレインボー。I CAN FEEL とっても不安。だんだんと雪の割合が増えてきて完全に雪。



東京産まれの東京育ち、俺を育てたソウルは多摩リバー!な私は、これを吹雪と呼ぶ。写真ではわかりづらいが、かなりすごかった。60キロくらい進んだところでどうにもならなくなり、引き返す事にした。はっきりと積もっており、スタッドレスを履いてるにもかかわらず、ハンドルは取られるしタイヤは空回りする。包み隠さず申し上げると私は心細かったのだ。なんせ携帯は圏外、雪はどんどん降る、車は滑って進まない。一体誰が私を責めようか?私は私をすでに許しているのに。

秋田の雪を舐めていた。

そうなると、じゃぁなにしよう?って話になるわけで、ここが旅人の真骨頂、諦めの早さとプランABCDイー予感!いくつでも代替案はあるんだぜ、ってんで温泉にいってきた。
さすがに寒い地方なだけにいくつも温泉がある。そんな中でも選んだのは乳頭温泉。もちろん名前で選んだのは言うまでもない。



硫黄の匂いが漂う白濁した湯が湧き出る乳頭温泉鶴の湯は、未舗装の道を登った先にある秘湯だ。いくつかの小さな温泉間を行き来して好きなとこに入れる。
露天風呂もあり、ここの露天は混浴だそうな。風呂と風呂の通り道にあり、どなた様も見てってください状態で、通りすがら覗いてみると、欲望に塗れたメンズどもが浸かっていた。見事なまでに男子オンリーそれも結構な数で、性欲からか熱気で溢れていた。割に恥ずかしがり屋さんな私は、たとえ乙女オンリーでも混浴には入る気がしない。

白く濁った湯が冷えた身体に染み渡る。いー湯だった。乳頭温泉も乳頭も私は大好きだ。

その後はもうぶらぶらと地ビールを探して彷徨った。地酒はたくさんあるだろうけど、日本酒はしこたま酔うからビールくらいがちょうど良い。



夜は秋田に来たってんで、モチモチしたものが大好きな私はきりたんぽ鍋を美味しく頂いた。




次の日は武家屋敷を散策したが、角館はこれがメインなんだがどうにもピンとこない。30分も歩いていると飽きてしまった。こうなるともう手持ち無沙汰で、稲庭うどんでも食べようと店に入るも「ちょっと今は、、ちょっと、、」と、なんだか断られた。ちょっとどうしたんだ?
仕方が無いので、温泉に行くことにする。まぁさ、よく温泉イイねって話になるけども、私はたいして好きでもない。嫌いでもないが、風呂はひとりで入った方がくつろげるだろ?仕方なく行くんだよ、仕方なくだが3件ほどハシゴした。

もう私の身体はしおしおだ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。