スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぶれる

2012年05月04日 15:19

マスターしたとか気安く言うなよな。



先日、父と姉親子が3人で韓国旅行に行ってきた。
個人的には一緒に旅行に行きたくない面子が勢ぞろいで、これわ・・・逆オールスターだ!と思った。
めでたくも逆オールスター選考から漏れたりゅぢ氏は、むしろ厄介払いができて、ほんと韓国さんどうぞよろしくーと漏れる笑みを隠し切れずにウキウキと成田行きのバスがでるところまで朝7時にもかかわらず車で送った。

『んじゃ、気をつけていってきてねー。楽しんでっ!』

と、笑顔で送るもオールスター達が背を向けるや否や『行ったか・・・』とニヒルに顔を歪めるりゅぢ氏。
3日といわず1週間でも2週間でも1年でも行ってくれていいのに。


そろそろ空港着いた頃かな?と思っていると姉(背番号2)から電話がかかってきた。
『お父さんの怒涛のおしゃべり始まったよ』
「えっ?もう??いやーご愁傷様です。大変ですね、これから3日間も」
『いや、私にじゃないから別にいい』
「えっ?誰に怒涛のごとくしゃべってんの?」
『同じツアーの知らない人。剣道の話してるよ』

まじすげぇな、あいつ。逆オールスターのエースナンバー1を背負うだけはある。ほんと一緒に行かないでよかったわ。

そうこうしながら、あっという間に3日はすぎ凱旋帰国してきた父と姉親子。
新宿で父が、『りゅぢに韓国土産がないから、ちょっと買ってくるわ』と言って買ってきたのは虎屋の羊羹だった。
しかし、それを私に手渡す前にお腹が空いた父はナイフも使わず手でちぎって一口食ってしまった。
手でちぎった跡が残った羊羹を『お土産だ』と言って渡してきたのを見て、ほんと帰ってこなくてよかったのに・・・と思ったのかもしれない。あのとき。

さて、その次の日。若干感じていた肩こりがのっぴきならねぇほどこりだして、気持ちよく眠れないほどになった。これは心労だろうか。
肩こりがひどいので湿布を探していたが見つからず、母に場所を聞くも『古いのしかない』と言ってだしてくれたのは5年くらい前のだった。ふむ、、、貼っとくか。
まったく良くならない肩こりを抱え部屋でウジウジしていると、父が階段をのぼってきて部屋に入ってきた。

『りゅぢ、バンテリンがあるぞ』

おっ。よくわからないけど、効きそうな名前だ。ありがとう、と手を出すとヒョイとよけられて『ちょっと出してみろ』という。
えっ、塗ってくれようとしてるの?・・・いいよ、気持ち悪い。「自分で塗るから大丈夫」と言うと『違う、手だ。手を出してみろ』と言った。

手?なんで??

嫌な予感がしたが、手を出すとマッサージを始めた。そしてウンチクを話しだした。ウンチクしだしちゃった。ウンチくっちゃった!

『韓国のツアーガイドの女の人がな、気功ができる人で客の手をみてスッと押すんだ。するとみんな痛い痛いって言って、“あぁアナタは○○が悪いですね”って当てるんだ。それからその部分に手を当てて気功を入れるんだけどな、俺の番になったら、“信じられないっ”て。“どこも悪い所はないし、年齢いくつ?えぇー若いですね!”って言って俺だけ体の部分どこも押してもらえなかったんだ』



うぜ。

この微妙な自慢話もうざいけど、この時点で3回目くらいだから。あなたが帰国されて12時間くらいしか経ってなかったんですが、3回目くらいです。ほんと、聞き飽きた。

『俺な、そんでそのガイドさんに1時間くらい教えてもらったんだ、気功』

で?今やってるこのマッサージはもしかして・・・・・それ?
父は手の甲をさっきからグイグイ押してくる。これが全然痛くない。いや、痛いっちゃ痛い、そりゃグイグイ押されれば。だけどテレビとかでよくやってるツボ押しのように“うぎゃーーー”って感じではまったくない。
でもグイグイ押しつづけている父をみて、ふと思った。「痛いって言わないと終わらないんじゃないか?」
しまいにゃ骨とかゴリゴリしだして、もしかしてこれ右手を解体されんじゃねぇの?ってくらいに押しはじめた。ところがやっぱり“うぎゃー”には程遠い。しかしだ。やっぱりこれ終わんねぇな、、、嫌だな、、痛いっていうの・・・。

「あーーそこ痛いですねぇ」
『だろ!!!そうなんだよ!ここだろ?ここに悪い気がたまっているから肩が凝るんだよ。今ここを揉んで悪い気が流れるようにしたからだいぶ楽になったろ?』
「あ、ハイ。言われてみれば楽になった気がします」(だろ!じゃねぇよ)
『そうなんだよ、これな理論は簡単なんだよ。こことここがつながってるからここの気を流せばよい。ちょっと教わればすぐにできるようになるんだ。お父さんも1時間くらいでもうマスターしたんだ』


マスターしたとか気安く言うなよな。



ちなみに韓国旅行で父、姉、姉の息子だと、相対評価で一番頼りになるのは姉の息子である。
監督(姉の息子)は韓国から帰ってくると言った。

『韓国に良いおもちゃはなかった。あと、コンビニのオニギリが辛かった』


何しに行ったの?

さらにちなみに・・・
治ったと判断されてバンテリンはくれなかった。
スポンサーサイト


コメント

  1. うめこ | URL | -

    まあ
    りゅぢさんのお父様ったらマスターするのに随分長くかかるのね。

    私なぞはたったの三秒で会得いたしましたわ。

    まあどいつもこいつも患者側の素直さが足りず
    未だに
    『治りました。ありがとう。』
    と言われたことはありませんけれど。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。