スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不敗である、いつまでも不敗である

2011年12月28日 18:11

SEXとドラッグとロックンロール



19○○代を一言でいう時、もしくは俺の若い頃は云々、、、そうだね、ベトナム戦争あたりのヒッピーとかLOVE&ピースな世代を表す場合、この「SEXとドラッグとロックンロール」が使われるコトがあると思う。あくまで気がするくらいの淡い思い込みだけど。
退廃的、反社会的な響きが何ともアウトローな香りでカッコいいじゃない。
翻ってみるにボクらの世代を表す標語は何だろう?
2000年付近の青春世代、バブルには乗り遅れて不景気と言われ続けた世代。
Y2K世代?あったなY2K、そんなん。
オタク、引きこもり、草食化?
数十年後にそんな評価されるなんて、嫌だなぁ。

「闘争の時代」もあったわけで、でも普通に考えて誰もが学生闘争に明け暮れてたわけでもないはずで、中には不戦敗してた草食動物もいるはずなのに、総称して「闘争の時代」。
「闘争世代の生き残り」なんて肩書きついてても、その人本当に闘ってたかなんて分かりませんよー、逃げ回って生き残ったの?そもそも闘ってない?明治維新では有能な一級品はみんな死んじまって、残ったのは二流な人物だらけでしたね。
と、いうわけで、普通に生活してたとしてもボクらの世代は、数十年後、引きこもり世代としてバラエティ番組に登場することになるんだよ。「ようやく出てた最後の引きこもり!」とテロップ付きで。

イヤすぎる。

故にここでトライしよう、SEXとドラッグとロックンロール!


SEXはまぁどうにかなるだろう。これを嘯いてる世代もそればかりしてたというより、SEXのことばかり考えてたというのが実情だろう。ちょっとモッてる、まぁ見栄っ張りなもんだ。
ドラッグはどう頑張ってもバファリン程度だ。つーか、昔みたいに緩くないし。ちょっと前の文学読むとみんなヒロポンやってんじゃん。なんじゃこりゃ。
そしてロックンロール!って反体制?究極の反体制ってつまり生産活動の放棄?
それって今の時代じゃ『ニート』と呼ぶ。

結局のところ、ボクらは無気力世代。草食というより草そのものになったわけ。
んで、周りに食べられていくんだぁ。
消化されて排泄されて、土に戻ってそしてまた芽生える。循環循環、再生の繰り返し。
ある意味、不死鳥。
その過程に『うんこ』があるのがひっかかるが、一応不死鳥の端くれさ。

そうして高らかに叫ぼう、『私たちは不死鳥ゆえに負けたことがない!』と。
無気力世代なぞと呼ぶ勿れ。いうなれば常勝世代、いや勝ってないからむしろ不敗世代だ。
負けたことがない、なぜなら戦ったことがないから。

後世、どこで間違ったか、誤変換によって腐敗世代と呼ばれることになりそうだ。それもよかろう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。