スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懇切丁寧に教えます

2011年12月04日 13:16

スライムの作り方



先日、姉の息子の通う小学校では『子供祭り』なる催しごとがあったそうで、大興奮のまま帰ってきた。
メグミルクの小さな牛乳パックを差し出して『こんなん作った!』と見せたのは、あぁ懐かしい、スライムだった。
ただ彼が見せてくれたスライムは色が透明でなく、ベッタリとした風合いで、なんだか汚い。
聞けば『絵の具で作った』そうで、ボクは食紅を使った記憶があったのでその違いだろう。
牛乳パックの底にクチュクチュッと丸まったベッタリした色のスライム。で、なぜ茶色?
まるで、、、、、

うんこじゃないか。


だがうれしそうに『スライム!スライム!』とシュプレヒコールをする姉の息子。
懐かしさに童心を呼び起こされ『明日、作ってみるか?』というと彼の興奮は高まった。

で、先ほどスーパーに材料を買いに行った。
母と3人で朝食を食べにでて、その帰りに寄ったスーパー、りゅぢ氏ったら食べたらもうお腹がグルグルしだしたの。
お腹はグルグルしてるけど、姉の息子はスライムを作るで大興奮なもんだから『早く早く!スライムスライム!』と呪文のように繰り返してる。
とはいえお前、スライムと俺のパンツおよび人間の品格を比べたら後者の方が遥かに大事なもんだから、『ちょっと失礼、ムッシュ。レストルームはどこかな?』と特急りゅぢ号は小さな駅を数多く飛び越し個室へとフェードイン。
ズボンを下ろし恐らく一番無防備な姿、『男子たるもの一度家の門を出れば7人の敵がある』といわれるが、そのいずれの敵にもあっさり瞬殺されるであろうこの体勢!その時に恐れていた敵はやってきた。


『おぢちゃーーーーん』

そう YATSU(ヤツ) だ。
俺はハードボイルドな男だ。それはすなわち、『うんこしている時に外から話しかけられる』のを何より嫌うと同意である。
そのトイレが和式ならなおさらであろう。


『あのねぇ、スライムの材料だけど、洗濯のりと絵の具と・・・・・・』

あのやろう、俺を本気(マジ)殺る(とる)気できやがった。
「あーそんなんだぁ・・・」と乗り気薄で答える。
ほんと勘弁、個室の中と外で会話したくないし、何より気が散って仕方ないんだよ!簡単に便させて、簡便!

『ねぇ、なんだっけ?洗濯のりと絵の具と、、、スライムの作り方だよ、おぢちゃん。』

空気よめ。もしくは肺いっぱいに空気吸え。今、俺が何してるか分かるだろ?
「ちょっと、落ち着いてうんこさせてくれないかな?後で全部そろえるから。」

『うん、分かった。』

物分りのいい子で助かったよ。さて、早く済ましてしまおう。


『あのさーー、ところでスライムだけどさー絵の具と洗濯のりとなんだっけ?』


ほんとごめんなさい。もう勘弁してください簡便させてください。
私ゃ、スライムの作り方うんぬんよりもスライムを出したいんだよ!お腹の中にたまったスライムを、一気に放出しちゃいたいんだよ。作り方なんてもうほんとどうでもいいし、なんならもうたくさん製造済みで在庫抱えてる状態なんだよ!不良在庫だよ、このままじゃ倒産確実だよ。たのむから出荷させてくれ。スライムたちもそれを望んでいる、あぁ間違いなく望んでる。


ほんと、迂闊に『スライム作ろう』なんて言うんじゃなかった。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。