スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまりはめんどくさいんだねー

2011年11月01日 09:15

とうとう私もiPhoneデビュー。



何となく世の風潮に逆らうでもなしに、ガラケーを使い続けてきたけど先日遂にスマホに!
機械類は割に好きな方なんだが使いづらいなー。
毎回の事で恐縮ですが、アドレス変更のお知らせの類はいたしません。
そうやって徐々に減ってきたアドレス帳は、現在母親しか入っていない。
番号は変わらず、メルアドは@以降が、「softbank.ne.jp」「i.softbank.jp」に変わっただけです。
まぁ連絡くれる機会があれば、mailには名前を入れてくれよ。

大概、言われる事なのだが「連絡したけど繋がらない、携帯替えた?替えたなら連絡くれよ!」
替えた事を伝えない、確かに冷たい非人情的ではあるが、だが僕に関してはこう思って欲しい。

「何処かできっと元気にやっている」

そう、人が人に望む事、他人に望んでも良い事なんて、「生きててくれ」これ以外にない。
例えば彼氏や彼女、もっとこうしてくれないかな?なんでそんなことするの?と喧嘩の原因は多くを望みすぎである。
一体何の権利をもって要求するのだろうか。
例え何処にいようとも、連絡つかなくとも、生きててくれよな、それだけで十分じゃありませんか。

仮に世界の大半が死滅して生死も定かでない状況に陥った時、あいつはきっと生きている!そう思えることがどんだけ幸せか。
りゅぢは昨日死んだよと聞かされるのと、十年前に死んだよと聞かされるのはどっちがショックが小さいか、自明の事柄だろう。
十年前なら何となしに笑えるんじゃない?
互いに「あいつはきっと元気にやっている」その幻想を抱いて生きて行こうじゃないか。

まぁ最近じゃ、mixiにTwitterにFacebook、携帯以外にもいろいろ連絡手段はあるし、繋がらなきゃそっちにすりゃいーじゃんと思ってしまう横着者です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。