スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巡るならカッフェーがいいよね

2011年09月23日 09:59

世間の休日の過ごし方にはカッフェー巡りというおしゃれな巡業があるらしい。



人によっては素晴らしくも楽しいことでも、他の人にとっては辛い荒行であったりする事ってある。
例えばりゅぢ氏の場合、朝昼晩×何日でもカレーで構わないが、そんなにカレーを食べると『汗がカレー色になるわっ!』と大騒ぎする輩もいるだろう。ちなみにそいつはバカ者である、後ろ指さしてやる。
ある人はギュウギュウの満員電車が好きだといった。なぜなら自分で立ってる必要がないからかえって楽だと。
その境地に達せないりゅぢ氏は、満員電車が嫌いすぎてオフピークにしか乗らない。
例え1時間2時間早く起きることになろうとも、端っこに座りたい。

ここで話をカッフェー巡りに移すと、ふむふむ、おしゃれじゃないか。
オープンテラス的なものも良かろうし、アンティークな雰囲気も素敵だ。
かつて寺山修司はこう言った。『書を捨てよ、町へ出よう』と。
書を持って町へ出てカッフェーに行くのもいいだろう。なにも捨てなくてもいいだろう。
そうしてお気に入りのカッフェーを見つけて何度も通ううちに、おやあの素敵な左利きの女性は・・・よく見る顔だ。偶さか通う二人の視線。フッと微笑む彼女。『よくお会いしますね』「えぇあなたも」なんとはなしに親しくなった気で私はカッフェーに通うのが楽しくも待ち遠しくなる。本を読むためにカッフェーに行っていたのが、彼女に会うためにカッフェーに行く口実に本を読むようになる。これだから書は捨てれない。『いつも本をお読みになられてますね?今日は何を?』「えぇ、寺山修司の“書を捨てよ、町へ出よう”です。私は修司なぞたいした者ではないと思うのですけれどもね、友がぜひにと薦めるものですから。」『まぁ面白そうな題ですわ。ぜひ読み終わったら貸してくださいね。』「も、も、ももももちろんっ!」あぁ、書を捨てずに良かった!互いの読んでる本を何度となく交換するうちに二人はいつしか恋に落ちる。あぁ左利きの乙女よ、私はあなたの1ページをめくりたい!いえいえ、私こそあなたの1ページを上書き、上書き保存よっ!この書だけは捨てられないっ!!

と、ここまで妄想ではなく人生計画をしっかり綿密に立ててはみたものの、カッフェー巡り、りゅぢ氏にとっては荒行である。苦行である。
なぜなら何度となく申し上げてきたように、りゅぢ氏はコーヒーを飲むとトイレが近いの。とってもとっても近いの。
カッフェー巡る=コーヒーを飲む=トイレに行く。
カッフェー巡りというかもうそれはトイレ巡りだよね。
何が悲しくて休日の晴れた日に町のトイレを巡らねばならぬのか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。