スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモ

2008年09月09日 09:00

夢中になる、それが悪い時もあるのです。



電車の中で立ってる時の自分というのは所在がなく、手軽にアウェイの気持ちを味わうことが出来るものだ。

本を読もうにもうまくバランス取れないし、かといってキリンさんが如く眠りに入るスキルもないのです。

することといえば、魅力的な中刷りを見て時間を潰すくらい。

そんな唯一残されたボクの楽しみを奪うのが混雑時で、いつもいいとこで誰かの頭に視線をさえぎられ、移動するにもできず身悶えるばかりでございます。



福田急死■■■



何?福田さんてあの福田?死んだの?あぁ、頭邪魔、見えない!どうなってるの週刊現代さん!!



そんなスルメを噛むような思いをするくらいなら座りたい。

肉体的にも精神的にも楽だから座りたい。

一番端っこに座りたい。寝やすいのさ、本読みやすいのさ、気楽なのさ。

みんな考えること一緒。


そんなこんなで、帰りの電車はあえて各駅電車に乗って帰ってる。

なんたって特急や急行は混み混みですからね。

時間かかるけど、座れて適度に混んでる各駅がたいへんよろしい。


と、今日、いつもよりはるかにすいていた。

各駅のホームに降り立つも、線路一本隔てた向こうに停まってる急行ががらがらじゃないか。

これはついにボクも急行で帰れちゃうのか?

いつも乗りたいけど乗れずに指くわえて追い越されてるアイツに乗れちゃうのか?

喜びに勇んで階段を駆け上がり隣のホームへ。

急行に乗ってあっさり端っこゲット。

なんだ今日のすき具合?もしかして休日?


電車が発車するとなんつーか、椅子は満員だけど立ってる人はまばらで、目の前の人と目が合う。

目が合う、目が合う、目が合う・・・・・

結局気まずくてやっぱり中刷りばかりみてた。

そして夢中になって中刷りを眺めてるうちに電車はなじみのない駅に到着。



行き先が違った。


京王八王子方面でなく橋本方面だった。

だからすいてたのね。。。


中刷り広告。あいつら時間盗むぜ?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。