スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この問題に20年かけて挑んできた。

2011年08月28日 20:02





長年の謎が解けるのは良いことだ。
例えばそれは、喉につっかえる魚の骨に似てる。
致命的ではないが日常的に常に付きまとう不快感。
それがザッパと渦巻き描いて穴に吸い込まれるが如く、あとに残るはラベンダーの爽やかな芳香。

『先生はハサミじゃありません!』
『お母さんにも考えがあります!』
『○○君が死ねって言ったら死ぬのか!』

大なり小なり様々な事を言われてきた。
学校の先生や母親がやはり多かったと思う。
『こんな事、言われた事がない』なんて言うのはおよしよ。嘘だ、キザだ、欺瞞である。
みんな言われてきたはずである、私だけじゃないはずである。
そんな中でもりゅぢ氏の喉の小骨は、


『そんなにメンドクサイなら、お前は息を吸うのもめんどくさいのか!』

子供ながらに思った。
それとこれとは話が違うし。

『違わない!』

先生は怒って言う。
だって息を吸うのは自分でしようとしてしてるわけじゃないし、勝手にもう吸うようになってるし、息吸うのメンドクサイと思ったことはないですし・・・。

『ごちゃごちゃ言い応えするな!』


と、まぁこんな具合に言い争われて、一方的に『言い応え』・・・言い応え!なんて不名誉な響きだ。正しい自分に歯向かな的自分本位な発言だ。
そんな怒りを、えぇ20年ちかく胸の奥に大事にひっそり抱えてきました。
それが先日、スルリと氷解。
分かったよ、あぁ、俺分かったんだよ・・・


『息は吸うのよりも止める方がメンドクセエ』


『メンドクサイメンドクサイってお前、メンドクサイからって息吸うのもやめるのかっ!』
「いや、止める方がメンドクサイです」

こう答えればよかったんだ。すっきりしたー。
楽しい、、いやー楽しい20年だったなー、ほんと・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。