スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストダイナソーは街を踏み潰す。重点的におうちをな、念入りにぐりぐりと。

2011年06月15日 17:48

ゴミの塊、それ以外にこれをどう表現するか?




玄関にポッキーとかビスケッツとかそういう類のお菓子の空箱が一塊おいてあって、いったいなんだこのゴミ?だれがこんなところに放置した?と家の中にもかかわらず不法投棄の可能性を疑った所、一枚の紙が貼ってあった。


『だい おうちロボット
このロボのすごいところはエレベーターでおふとんのあるところまですぐにいけるところです。おふとんにいきたいよ』

熱いパトスを感じるメッセージ性の高いコメントだ。
そうか、単なるゴミの塊かと思いきや、これはお前があえてわざわざ積み上げて労力を費やして作った『おうちロボ』だったんだな。
エレベーターで部屋までいける所がスゴイところの『おうちロボ』だったんだな。
ならば一言言わせてもらうと、すげぇじゃん。それエレベーター付きの家だね、ロボってほどじゃないね、と俺思っちゃったけど、そんな事重要じゃないよね、この形を『おうち』と言わせる事の方がはるかに重要だよね。だって煙突?煙突ついてるよね、これ。ロボとかハイテクっぽい名前の癖に煙突?ついてるよね。あとスプーンはいったい何かな?何をすくうつもりかな、あのスプーンで。そもそもどこから入ればいいのかまったく見当つかないな、おうちのくせに入り口がどこにもないよ、ん?煙突から入るの?サンタクロースっぽい感じにしたいのかな?




あぁ、これがもしかして入り口かな?随分ナゲヤリに描いたね。取っ手がどこだかぜんぜん分からないよ、ん、もしかして引き戸なのかな?この『おうちロボ』の入り口はもしかして引き戸なのかな?古臭いな、煙突に引き戸、それってエレベーターつける前にいろいろ直したほうが良かったよね。というか、エレベーター必要なほど高くないな。気のせいじゃない。

総じて、ホントびっくりするほどクオリティ低いです。これを作品として提出するところとスゴイところを自ら公言してスゴイと認めさせようとするところが大変肝の据わった、というか図々しくて腹が立ちます。でもそのスゴイところがエレベーターで布団までいけるという一般的にみて実現可能な範囲にとどまっているところ、そしてそれほどスゴクはないんじゃないか?ってところが、『この形で家!?』という強引さとギャップを引き出して味わい深い、なんとも表現しづらい不安定な気持ちにさせる良い、いや決して良くはねぇな、良くはないけどまぁそういう感じ?の作品ですね。


という先生の評価が付いていた(嘘)。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。