スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガジュマルの下で

2011年02月21日 05:34

続・髭を剃る



先日、私はさも大事かのように『髭剃った』とそりゃもう声高に政権交代かのように叫んだが、実は全部剃ってなかったんだ。
皆様には多大な迷惑をかけたかとおもうちょります。
例えば、目覚ましが鳴らなかったり電車に乗り遅れたり、自分の五目あんかけ焼きそばだけにウズラの卵がのってなかったり、そういった諸々全て顎髭を剃らなかった私のせいだと深く反省いたす所存。

顎髭は、、、顎髭は剃んなかったんだっ!


ここに若干のワイルドさに憧れた自分がいたことを報告しよう。
私はイエティになりたかった。
雪男と呼ばれる髭もじゃな、身体のどこをどう抽出しても男汁100%のワイルド・クリーチャー『イエティ』。
顎髭をはやしてればなれると思ってたんだ。

平たくいえば、棒とヘッド部分、二つに分かれたカミソリのヘッドだけをつまんで髭剃るのが、ちょーめんどかったの。
だから鼻の下のチョビ髭だけは剃り落としたけど、自由気ままな曲線を描く顎髭にトライする気がこれっぽっちもわき上がらなかって、『ちょいとうつむき加減で引っ込み思案の人ぶってりゃバレやしないっしょ』と放り出した。


ところが、「あれ、ちょっと髭濃くない?」とか早速つっこまれて、『髭濃い』とかめったに言われないから少し鼻が高くなっちゃって上手く思考回路まわらず、

『いやー昨日、花粉症の薬のんだらこんなんなってましたの』

と誰がどうみても苦しい、ただただひたすら苦しい言い訳したもののなかなか信じてもらえず、

『ホントホント、夜とかガジュマルのようにニョキっニョキはえてきた!』

ってガジュマルの生態よく知らんけどとりあえず言ったら、案の定相手もガジュマルよく知らんから、お互い『は?』ってなった。
その場はなんとか『花粉症の薬で髭がはえた』で押し切ったものの、明日もこれはさすがに通らないかな?
『剃ったけど昨日も花粉症の薬飲んだからまたはえました』とか、ないな。


えぇだから私、、、髭剃っちゃいましたーーっ!!

っていう読むに値しない日常の、とるに足らない小さき事を報告します。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。