スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【認定】禁じられた遊び

2011年02月12日 07:26

気違う



先日腰に凧をつけて椅子の周りをぐるぐる回っていた姉の子供は今日、膝と手のひらを床につけて、誰もいない部屋の中よっつんばいになってぐるぐると回っていた。
扉を開けて目に入った光景がソレで、私は我が双眸を疑った。
声も漏らさず一心不乱に回り続ける姉の息子。
この部屋に入った客である私にも気づかないようすで回り続けた。


回って回ってバターになっちまえ!

前回は乱暴にもそのように毒づいたりゅぢ氏であったが、誰に見せるでもなしにただただ回り続ける彼を見ていると、むしろメロスを見ているような錯覚に神々しさすら覚え、『回れメロス!回るんだ!』と握りしめたコブシが汗ばんでいることに気づいた。


なぜ彼は回るのか?

その問いは深い。
なぜ彼は生きているのかと同様に深い。
例えばマグロはエラ呼吸がうまくないので、回り続けないと死ぬ。
そこから思案を巡らすに、そうだなー、う~ん、、そーだなぁ~キチガイなんじゃないっすか?


胸ぐらつかんでぐいぐいしたい。
『おいっ、お前!楽しいのかソレ、楽しいのかっ!』とぐいぐいしたい。

多分泣いてしまうからやめといた。えぇ、ボクが泣いてしまうから。やめてくれぇ、それやめてくれぇぇぇ、、、と泣き崩れちまうからよ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。