スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大名だったのです

2008年09月18日 09:00

汚染米・事故米と名づけておきながら、『食べても大丈夫だから心配してない』はないだろう?



そう日本の心とでも言うべき米に関わる不祥事。

この国の国民のモラルはどうなってしまったのか。

何10回と査察を繰り返したのに発見できなかった不正。

この国の国家の威厳はどうなってしまったのか。


日本の心、米。

年貢は米で納められてたし、白米っていったらご馳走だった歴史。

神仏にも奉納されるし、酒も米で作られる。

まさに日本=米どころ。


ボクなんか、朝ごはんはパンでもいいけどね。

そんなんいったらミもフタもないか。

まぁ、実際のところ米・米言いますけど、若干朝から米は重いかなぁ。

日本の心っていったら、最近じゃラーメンとかパンとかに取って代わられてるんじゃないの?と思ってしまう。

そもそもほんとに日本人は米を食べてきたのか?

米に誇りを感じてるようだけど(輸入関連で)、ほんとに日本は米とともに生きてきたのか?

そう考えるのです。


士農工商。


米を作っていたのは人口の大多数を形成していた農民であることは間違いないけど、つたない知識で思うに農民は米をほとんど食べてない。

漫画とか時代劇で、白米食ってる農民なんてでてこない。

彼らが食べるのはヒエやアワじゃないか?

作って年貢で収めて、次の年に植える分を貯蓄して、、、で、作った自分たちが食べる分はほとんどなし。


収めた先の武士層だけど、多くの武士は貧困しててやっぱり米を食べてない。

一部の裕福な大名クラス以外は、米食ってないんじゃないか?

その大名も実際のところ借金がかさんでいて、ほんとに毎日米食えてたのだろうか?


職人のクラスになるとさらに貧しそうだ。

と、なると商人。

大商人ともなれば大名に金を貸すくらいの財力。

白米なんて普通に食べれそうだ。

ただほんとにイメージでものをいえば、金持ちこそケチそうだ。

米なんか食べてなさそう。



そう思うと、一般的な日本人の口に米が入るようになったのは、ものすごく歴史が浅いのじゃないだろうか。

日本人の心でもなんでもなかったんじゃないか?

歴史的にはヒエやアワといった雑穀こそが、DNAレベルに刻まれた日本の心だったんじゃないだろうか。

一部の超裕福大名レベルの人以外は。


な、なるほど!

日本人が米を捨てて、なんだかんだでパンのほうが好きって言ってる人が多いのは、『米DNA』が極わずかを占める超大名のみのものだったからなんだ!!

雑穀入りのパンがなんだか健康に良さそうで、おいしいってモテハヤサレルのも、日本人の大多数に刻まれた貧困農民DNDのなす業なんだ!!





・・・・・・・・・・・・・・・・オレ、米好きっすよ?


『しばらく海外行ってると、無性に米食いたくなりますね?』


なるなる。

カレーライスとか好きだし。

オムライスとか好きだし。



オレ、米好きだし。。。大名だったのかなぁ・・・

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。