スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便座だけでも黄金にしたい

2011年01月06日 08:32

理想郷



トマス=モアさんがその著書『ユートピア』の中で『その国の便器は黄金でできているっ!』と述べているとこで、な、なな、ななにぃぃぃーーーー!と必要以上に驚いたりゅぢ氏であった。
なんというか、物語といえどこんなこといってこの人大丈夫なんかいな?頭大丈夫なんかいな?と心底過去の人物であるモアさんに同情した。
一言に『ユートピア=理想郷』と訳されるところだが、これはモアさんの造語でラテン語かなんかを組み合わせて『not place=utopia』という意味なのだとか。
つまり『そんなとこどこにもないよ』っと。
『その国の便器は黄金でできているっ!』
阿呆か。そんなとこどこにもない。第一キラキラしてて落ち着かないじゃないか。


これはなかなかの名言だと思うのだが、『ユートピアとは真実しか存在しないところである』。
なるほど、それは確かに理想郷かもしれない。しかしここで終わらない。
『または、真実がひとつも存在しないところである』。

なるほど、深し。
しかしまぁあやふや覚えなので、モアさんがこういったかは知らない。
微妙に単語が違うかもしれない。
その上、寺山修二だったかもしれない。

さて、ここで『発展する人類代表』のりゅぢ氏としては、『そんなとこないよ』といわれようともそこを目指したい。
理想を追い求める姿にこそ、左利きの乙女はついてくるってもんだろ、へい、そうだろ?行列で。尺八吹いてよ、はーめるん。
でだ、どっち目指そう?
『真実しかない』ユートピア
『真実がひとつもない』ユートピア

『私の家の便器は黄金でできている。そこで出される固形物は黄金と呼び、液体は黄金水と呼ばれる』


どちらにせよ、それを理想と呼びたくない。
干物のような老婆がかすれた声で言った『理想郷を求めてはなりませぬ』。
何故です?と私は尋ねる。


『頭が阿呆になる』

確かに。徐々にだがその傾向が現れだした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。