スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタンは無臭らしい

2010年12月04日 18:19

状況を想像力フル活用で思い描いてください。



湯船の中でなんだか手持ち無沙汰。
手桶をひっくり返してたゆたふ湯の中に沈めて、最深部でひっくり返す。
一塊の泡が生まれでぐんぐん上昇、水面に至ってパッカと割れる。

特にこれと言って楽しい作業ではないが、黙々と暇を殺して繰り返す。
割れる寸前の水上に出来るドームの大きさにいらぬこだわりを見出し、やれ先ほどのほうが大きい、形が良い、より良いものを!とインスタント泡職人になりきり非生産的な作業に勤しむ。

手桶をひっくり返し湯に沈めていく、この瞬間がポイントだ。
少しでも傾けると小さな泡が漏れて水上に向かう。
ここでいかに空気を手桶から漏らさず最深部まで持っていけるか、勝負の分かれ目である。

例えば浴槽内で放屁をしてみよう。
肛門から漏れ出るメタンが一塊の泡となり、水面に至ってパッカと割れる。
世界中の色と音を集めて君にプレゼントしたい。
このメタンを手桶に集めていったらどうなるだろう??

まずは手桶をそのまま沈めよう、空気を一切いれずに沈めよう。
そうして水中でひっくり返し、口の方、つまり開いてる方は下に向け、そこの方は上に向ける。
これで下からやってくる泡を受け入れる体制は万端に準備オッケー!
後はメタンがやってくるのを待とう。

さて一塊のメタン泡を手桶の中に捕らえる。
これを何十回と繰り返せば理論上手桶はメタンで満たされ、ひっくり返すと特大ドームを作るはずである。
それはそれで楽しみな気もするが、臭いとか、そんなたくさん一風呂中にメタンだせんのかとか、諸問題により断念せざるを得ない実験である。


そういえば、、、

そういえばである。メタンって燃えるよね?


手桶一杯に満たされたメタン。ひっくり返して上ったメタン泡が水上で特大ドームになってはじける。
そこにライターで火をつけたら・・・


まさかの大爆発。慌ててりゅぢ氏は風呂場から逃げ出した。
あまりに慌てた為バスタオルを腰に巻いたあられもない姿である。
その間にもみるみる広がる炎。燃え上がる我が家。
ただただ落ち逝く我が家をバスタオル一枚でりゅぢ氏は眺めるのみ。

集まった野次馬はそんなりゅぢ氏を見てヒソヒソ話をしている。
『放火みたいですよ、ほらあの人、この家の人なんだけどお風呂入ってる最中だったのね。お気の毒に』
『放火らしいなー』
『最近ふえてるらしいよ、放火。こわいわ』


放“屁”なんですけどね。

消防隊による消火が終わり、警察が出火原因を探る。

『警部、どうやら火元は風呂場のようです』
『なに?風呂場だと?あんな水だらけのところがどうして燃えるっていうんだ!ちゃんと調べろバカモノ!』
『いえ、それが、、確かに風呂場なんです』
『間違いないか?ふーーむ・・・』

その時警部の目の端に映ったのはバスタオル一枚で呆然としている男、そうりゅぢ氏だ。
つかつかと歩みよった警部はりゅぢ氏に話しかけた。

『あのぅ、この家の方ですよね。ちょっとお話伺っても良いですか?』

『出火場所がですね、その、どうも風呂場のようなんですよ。見たところおたく、風呂上りのようですが何かご存・・』「知りません」

男には戦わねばならぬ時があるという。
今がそのときであろう。
まさか手桶にためたメタンに火をつけて大爆発したなど言えるわけないだろう。

「風呂になど入ってません、ここしばらく」
『いえ、あの、どうみても風呂上りですよね?髪ぬれてますよね』
「あぁこれ、ウォッシュレットです。最近のは勢いが強くてこまりますね」
『バスタオル巻いてるじゃなないですか?』
「バスタオルではありません、これムームーです」


無理。絶対言い逃れできない。
そう思ったので、手桶にメタンをためるのはやめることにした。
ただただ空気を入れた手桶を最深部でひっくり返して泡ドームをつくる。
淡々とその作業を上の空で繰り返して、物憂げに時間を殺して身体の芯まで温まった。


こんな話に想像力をフル活用させられて、いわばSP(想像力ポイント)無駄遣い。
スポンサーサイト


コメント

  1. さわぴ | URL | -

    えっSPって想像ポイントが略されたものだったの?
    岡田くんのドラマは想像ポイントについてのお話だったの?
    私一話もみたことないんだけど
    ファンタジーだったんだねあのドラマ。

  2. さわぴ | URL | -

    あ間違った想像ポイントじゃなくて想像力ポイントねっ

  3. りゅぢ | URL | -

    >さわぴ

    ちなみに想像力ポイントは想像力バンクという銀行に貯蓄できて、わりと年利もよくて今一番お勧めな財テクとしてちまたの人気を集めているそうです。
    その銀行のガードマンがSPです。
    なのでファンタジーではありません。
    どちらかというと、想像力ポイント泥棒とかと戦ったり、嫌な上司にねちねち言われたり、峠を越えたお局さんに色目を使われたりと、どちらかといえばあまり知りたくない現実の話だそうです。

    僕も未見です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。