スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フール イン マイ

2010年11月26日 23:35

愚か者どもの。



多くの事に大雑把なりゅぢ氏でありますが、『耳につく音』が嫌いです。
具体的にいいますと、『子供の嬌声』、これが一番いかん。
子供の嬌声、さらに具体的にいいますと、『姉の息子の声』、これに尽きます。
何が嫌だって、姉の息子の声、これがいやだ。姉の息子の声、これを聞くとイラっとする。イラっと木霊する。
ほんとにもう、イヤラシイっ。
猫なで声といいますか、下卑た根性丸出しといいますか、お前の魂胆・俺は見透かしているからな!と前髪ぐわしと掴んで言い放ってやりたい。

『金魚さん死んじゃった』

と泣きながら姉にしがみついていた姉の息子。
『可愛そう』とワンワン泣いた。
姉もさすがにめんどくさくなり、『そんなに泣いたって仕方ないでしょ、いつまでも泣いてるならママ知らないから』と、さすがに子供嫌いの私でもあんたそれはないだろうと思ってしまうくらい逆切れて家を出てった。
残されたのは私と姉の息子。
おい、どうすんだこれ?

ずっと泣き続けるのかと、もし泣き続けるのなら庭に放り出そうと思ってたりゅぢ氏であったが、その心配は杞憂だった。
ぴたりと泣き止んだ姉の息子はテレビをつけてアニメを観だす。笑いながらアニメを観だす。
そしてしばらくすると帰ってくる姉。

『ママー!』

テレビを消して駆け出す姉の息子。

『ママ、金魚さん天国に行ったのかな?』

へい、姉ちゃん!どうせ『まぁこの子なんて純粋なのかしら!』とか思ってんちゃいまんの?
全然、そんなことありませんよ。安心してください、あんたの息子も酷いもんですよ、まったく。
教えてやろう、『天知る地知る我も知る』そして付け加えて、俺も知ってるからな、と。。
金魚さん天国行ったかだって?お前が行って確かめて来い。

イヤラシイ、ホント、イヤラシイ。


それなどまぁ些事ですわ。
ホントにりゅぢ氏が一番嫌いな事は、扉を一回一回閉めない事。これに尽きる。
なんでこんなにイラつくのか自分でも分からんのだが、開いている扉を見ると心底ムカつく。
『じゃぁ最初から扉なんてつけるなよ』
と開いてる扉に毒づくくらい、しっかり閉めたい。
おそらくこれは姉の息子に限らず、彼女とか嫁さんとかその類の相手でもきっとムカつくんだと思う。

何度言ってもちょっと開いてるの。

姉の息子は残念ながら青虫程度の知能なので、何度言ってもしっかり閉めれない。
想像を絶するほど知能が低い。


毎回毎回ちょこっと開いてる扉を嫌みったらしく怒りにまかせ、力の限り閉めていた。
バターン!バターン!と木霊する扉の爆音。
阿呆ゆえにその痛烈な批判に気づかず、開けっ放しにされる扉。


なんでだっ!なぜあいつは開けっ放しにするんだ!?理解できん!

そう悩んで、理解に苦しんでるりゅぢ氏に答えをくれたのは父だった。


父はリビングに通じる4つの扉、そのうち3つを開けっ放しにして出て行った。
ちょっとだけ開けて。


愚か者ども、悲しみの愛をみせろ
スポンサーサイト


コメント

  1. ジュン市 | URL | e0H0UrpA

    Re: フール イン マイ

    子供って大人の言動をよく見てます。
    きっとそれでりゅぢ氏をイラつかせて面白がってるんでしょう。
    甥っ子の思うツボです。

  2. ひろピン | URL | -

    タバコ吸う部屋だけは必ず閉めます。タバコが家中に充満するから。他はトイレさえ少し開いてる。
    泣いて流して笑って忘れる。

  3. りゅぢ | URL | -

    >ジュン市

    それは過大評価だ。
    子供ってそこまで頭良くない。

    『子供は大人を見てる』と言う評価は、大人自らの反省や羞恥を照れ隠しするための方便であると考える。
    実際はそこまで見ていない。
    ましてやそれを逆手に取るほどの狡知に長けていない。

  4. りゅぢ | URL | -

    >ひろピン

    タバコは部屋の中では吸わない。
    居住空間にまでしみこむタバコの匂いには我慢ならんタイプである。
    この匂いはトイレに流せまい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。