スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たてこもり

2008年09月28日 09:00

うそついたよ。



USOでした。

昨日さんざん回りくどく一番大切なのは、『自分の部屋だ』『自分の部屋で愛する人の腕の中』とか言ってましたが、そんなんうそじゃん。

どう考えても一番は家のトイレだったんです。

何時間でもいれる。


『一番トイレが好き、落ち着く。』という話を小林くんにしたところ、


『あ、自分も。あの寸法がたまらないよねー、ちょうどいい寸法。』


と、同意していただけたが寸法?

『ごめん、キミの言ってることよく分からない状態』になってしまった。

慣れ親しんだ寸法だからトイレが落ち着く?

仮にトイレの安心感を『寸法』に求めるとしたら、実家が18の時に引越してしまったボクは、18年間築き上げたトイレとの信頼を失ってしまったことになるのだろう。

なんたる悲しきことか。引越しとはその場にいろいろ捨てていく事なんだね。


まぁ、今は新しいトイレとの信頼を築き上げて数年経つのであります。

やっぱり一番なわけです。

下手したら『ここにベッドあればな』って、トイレとベッドの配置を考えちゃってまた時間が経っていく。

寸法じゃないとした、どこからくるのかこの安心感、充足感。

やっぱり誰かが入ってこないってのは大きいか。

デパートやレストランのトイレだと誰か入ってくるのが分かると、大変落ち着かなくなるしね。

小便器で放尿してる時ですら、誰か入ってくると穢された気がするもん。

ましてや、『え?隣!?』って3個便器あるのになぜ隣にくる?ってなるもん。

『3個あるのになぜ真ん中使う?』と思ってんだろうな。



自分ちのトイレが一番好きって話だったんだけど、じつはこれ相対的なものなんですよ。


自分の家の中では、トイレが一番。

レストランの中では、トイレが一番。

デパートの中では、トイレが一番。的な。


つまるところトイレ引きこもりなんですね。

トイレ引きこもりってなんかかっこ悪いから、言い方変えよう。


いつでもどこでもトイレにたてこもってんですよ、ボクわ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。